東京都でAGA治療!AGAクリニックランキングとチェックしたいポイント

東京都のAGAクリニックランキングとチェックしたいポイント

薄毛の問題は、人によっては死活問題になりかねません。時として髪の毛のことを他人に揶揄われ自宅から出られなくなってしまう深刻な問題に発展するケースもあります。。最近になって医療が目まぐるしく発達したことで薬によって「薄毛は治療できる」と認識されるようになりました。しかし、実は意外にもAGAの治療薬が世界的に認可された年月はそれほど経っていません。

例えば発毛薬としても有名な「ミノキシジル」は、1980年代にアメリカのFDA(食品医薬品局)に、発毛治療薬としてミノキシジルを主成分とする「ロゲイン」が認められました。日本で発売されたのは大正製薬の「リアップ」ですが、遅れて1999年のことです。

AGA治療薬として、多くの皮膚科やAGAクリニックで処方される「フィナステリド」は、1997年にFDA(食品医薬品局)に男性型脱毛症(AGA)治療薬として認定されました。その後、日本では2005年に厚生労働省から承認が下り、同年12月に「プロペシア」という商品名で製造及び販売が開始しています。

このように男性型脱毛症は、2000年を境に医療が発達したことによりAGAは「治療ができる脱毛症」として多くの人が治療を試みています。このページでは東京でAGA治療を検討されている方に向けて、オススメのAGAクリニックと選定するときのチェックポイントを紹介いたします。

何で選ぶ?AGA治療クリニックの選定ポイント

東京でAGAを治療しようとすると、まずあまりのクリニック数の多さに戸惑うのではないでしょうか。またクリニックの診療内容も多数ありすぎて、何が違うのかも迷うポイントかもしれませんね。

そんな人の為に治療費用や治療内容などAGAクリニックを多角的に検証し、当サイトではおすすめランキングとして皆様のAGAクリニック選びの一助になるよう紹介していきたいと思います。一般的な内科や外科のクリニックとは違いは何なのか、なぜAGA治療を専門的にしているクリニックの方を選ぶべきなのか、そしてどのAGAクリニックが自分に合っているのかを探すお手伝いができれば幸いです。

AGAを専門に治療しているクリニックは都内だけでも50カ所以上はあり、皮フ科や形成外科のようにAGA治療薬を処方してくれるクリニックを入れたら1,000ヶ所以上も存在します。。そんな中から時間をかけて選ばなければいけませんし、お金も払って治療するのですから、何となくでAGAクリニックを選んで時間もお金も無駄にしたくはないですよね。
AGAクリニック選びを失敗しない為にも、AGA治療するのにクリニックを選ぶにいくつかの見るべき重要ポイントを紹介していきたいと思います。

【場所で選ぶ】通勤通学で寄り道できる範囲がベスト

例えば自宅の近所にAGAクリニックがあり、土日などの休みの日に都合良い時間を使って通院することが出来れば、それに越したことはないと思います。しかしAGAクリニックが集中しているのは銀座や東京、池袋や新宿といったビジネスエリアです。駅から徒歩10分圏内に集中しているので通勤や通学時に通院することを基本に考えるのが好ましいでしょう。 駅の回りにAGAクリニックが集まっているので、気に入るクリニックを探して回ってもいいかもしれません。

AGA治療は、毎月クリニックへ通うのが基本になります。親身になってくれる医師やカウンセラーがいることはもちろんですが、クリニックへの通院が億劫になってしまったり通いづらかったりするのは避けたいところ。通勤や通学で使う駅などから、通いやすい位置であれば通院もストレスにならないでしょう。また、家族や知り合いなどに知られず通いたい場合は通勤通学の沿線内で探すのも良いかもしれません。

【 治療法で選ぶ】内服薬+外用薬以外にも注目する

AGAクリニックを選ぶとき、まず治療費を抑える為にも「とにもかくにも内服薬だけでなんとかしたい」という人もいると思います。そういう時はわざわざ都心のクリニックへ行くよりは近所皮膚科などでプロペシアを処方してくれるクリニックを探す方がいいでしょう。

しかし中にはAGA治療薬だけでは本当に自分の薄毛が改善するのか不安という人もいると思います。また、いざAGA治療薬だけで治療を開始しても、体質やAGAの進行具合によっては十分な治療効果を感じられないケースもあります。 AGA治療で効果を感じられなかった時、別クリニックを一から探し始めるのも時間も心の余裕もなくなってしまいますよね。そうならない為に、AGA治療を開始する際には、万が一内服薬だけで満足な効果が得られない場合も想定して、内服薬以外にも治療方法があるのかを確認しておくのが良いでしょう。

なお、内服薬以外の治療として、注射や医療機器を利用して成長因子(グロースファクター)を含んだカクテル(薬剤)を頭皮に直接注入する「育毛メソセラピー」や、後頭部などの毛を薄毛になってしまった部分へ移植する「植毛」を治療内容としてホームページに掲載しているクリニックもあります。

「育毛メソセラピー」は場所によっては「毛髪再生メソセラピー」や「毛髪再生療法」「グロースファクター再生療法」といった名称になります。ここで頭に入れておきたいのは、「メソセラピー」というのは「注入」という施術方法のことです。注入する成長因子(グロースファクター)を含んだカクテル(薬剤)はクリニックによって異なるので、「オリジナル育毛メソセラピー」や「オリジナルカクテル」などという表記になります。

しかしAGA治療薬でも効果が現れにくい人や、効果を感じられるのが1年前後かかるなどの理由から、AGA治療薬の補助療法として「育毛メソセラピー」を選択される人もいます。
治療方法が多ければいいというわけではありませんが、自分の薄毛の進行具合によって治療方法が選べるようなクリニックを選びましょう。
AGAの進行度は、パターンによっていくつかのタイプにわけられており、「ハミルトン・ノーウッド分類」で知ることができます。

ハミルトン・ノーウッド分類表
ハミルトン・ノーウッド分類

Ⅰ型は額の生え際から薄毛になりはじめる、いわゆる初期症状の状態です。そこからⅡ型、Ⅱ Vertex型、Ⅱa型と派生していきます。Ⅱ型は額の生え際がさらに後退して、真上から見たときに英語のMのように見えるのが「M字型」、Ⅱ Vertex型は額の生え際もそこそこに、頭頂部も薄毛になってしまいうのが「O字型」、Ⅱa型のように額の生え際がM字型に後退していくのではなく、全体的に後退してしまう場合は「U字型」です。

ハミルトン・ノーウッド分類には段階があり、Ⅰ~Ⅱ型が第一段階、第二段階はⅢ~Ⅵ、三段階がⅦ~Ⅷと分けられます。基本的に治療に使われる治療薬は変わりませんが、段階によって効果的な治療方法があります。一~二段階までは「プロペシア」や「ミノキシジル」などのAGA治療薬や育毛メソセラピー、三段階までいく地肌が見えるほど進行が進んでいる為、「植毛」や「ウィッグ」などの選択肢が出てきます。

「プロペシア」や「ミノキシジル」などのAGA治療薬は1ヶ月分7,000円~15,000円程度で手に入りますが、育毛メソセラピーは20,000円~100,000円前後、縮毛は500,000円前後~です。薄毛がエスカレートすればするほど治療費用がどんどん高額になってしまいます。
そうなると、AGA治療で治療する価格も気になるとこです。

【価格で選ぶ 】数ヶ所でAGA治療薬の価格を比較してみる

AGA治療を始めるにあたって予算を組むのは大切なことです。風邪のような一般的な治療とは異なり、AGA治療は始めたら最低でも半年~1年継続するのが一般的です。
そもそもAGAで薄毛になってしまうのは、「ヘアサイクルが乱れているから」です。通常では2~7年程度で脱毛する毛髪は、AGAを発症すると数ヶ月で、髪の毛が太く長く成長する前に脱毛してしまいます。その乱れたヘアサイクルを進行させない為に、またヘアサイクルを正常に戻す為にAGA治療を行います。細く短く育ってしまった髪の毛をどかし、健康な髪の毛を生やすことでAGAが発症する前の頭髪にするには、大体半年から1年程度かかるのです。

しかし残念ながらAGAは発症したら風邪のように完治する病気ではありません。AGA治療薬の役割は「乱れたヘアサイクルを進行させない」ことと「ヘアサイクルを正常に戻す」ことです。AGA治療薬の服用をやめてしまうと、ヘアサイクルを乱す原因のDHT(ジヒドロテストステロン)が再び産生してしまいます。

仮に1ヶ月6,000円のフィナステリドを1年間服用すると、7万円前後かかります。ミノキシジルも合わせて服用しようとするとさらにお金が嵩んでしまうでしょう。
AGA治療を始めるなら、AGA治療薬の価格をきちんと確認し、年間どれくらいかかるのかチェックしましょう。AGA治療薬はクリニックのホームページに価格が掲載されていますので、通いたいと検討しているクリニックだけではなく、他のクリニックのホームページも確認して比較してみましょう。

ココに注目!AGAクリニックの比較ポイント

さて、AGAクリニックを選ぶにあたって何で選定するかをお伝えしました。それぞれの項目で通院するAGAクリニックを絞り込んだら、次はAGAクリニックの比較をしてみましょう。
AGAクリニックを選定する際のポイントを確認しながら通院するクリニックを探していると、大概はアフィリエイトサイトで似たような順位のランキングを目にすると思います。そういったランキングサイトを見て、自分とマッチしたクリニックに受診できればいいですよね。

しかし昨今ニュースでも話題になっているように、無料カウンセリングで十分な説明もないまま高額な医療ローンを契約させられ、消費者センターに相談する被害者が多くなっているのも事実です。また大手ECサイトのレビューのように、特定のクリニックに良い口コミを書くことで持ち上げて、他のクリニックに悪い口コミを書く行為も多く見かけます。
そういった口コミやランキングに左右されない為、AGAクリニックを選ぶときの参考にしてみてください。

比較するときのポイント① 嘘口コミに惑わされない

AGAクリニックをウェブで探していると、AGAクリニックの口コミを多く見てきたと思います。残念ながらこういった口コミは全てを鵜呑みにできません。いい口コミを書くだけではなく、他クリニックの評価を落とそうと口コミを書くなどの行為をするところも中にはあります。
そういった投稿は投稿日時が固まっていたり、偏った評価ばかりで極端だったりします。1日にまとめて投稿されていることもあれば、数日にわたり口コミが投稿されていることもあります。いくら日本人成人男性3人に一人がAGAを発症しているとはいえ、東京都だけでも1,000以上あるクリニックの中で1つだけの口コミが殺到するのも考えづらいですよね。

口コミの全てがそういう「ステルスマーケティング」ではないとは思いますが、 特定のクリニックをべた褒めしている口コミと他のクリニックに難癖紛いな口コミがあるのであれば注意が必要です。
治療の効果について言及している口コミも多いですが、こればかりは完全に個人差ですので、効果が感じられて星5つの人もいれば効果を感じられなくて星1の人もいます。
口コミを鵜呑みにするのではなく、ランキング上位3医院くらいの口コミを見てみると良いでしょう。その口コミサイトが不自然に良かったり悪かったりしたら別のサイトも参考にすると良いかもしれません。

近年では、以下のような口コミによるトラブルがニュースになっています。

「虚偽書き込みで業務妨害」結婚相談所が口コミサイトを提訴

結婚相談所の口コミサイトに虚偽の内容で誹謗(ひぼう)中傷する書き込みを掲載され、業務を妨害されたなどとして、大阪府内で結婚相談所を運営する3社が、サイト運営者の同府の男性に対し、該当ページの削除とそれぞれ300万円の損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こしたことが25日、分かった。男性側は請求棄却を求め、争う方針を示している。 …

2017年には結婚相談所の口コミサイトに、虚偽の内容で誹謗・中傷する書き込みを掲載され、業務を妨害されたニュースもあります。大阪府内で結婚相談所を運営する3社が、サイト運営者対し該当ページの削除と、それぞれ300万円の損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こしました。

事実とは異なる口コミを掲載されたため、3社が口コミサイトに削除を依頼。しかし「口コミサイトの運営者から現金を要求されました。そして3社以外にはそういった悪質なコメントが掲載されていないことから、「お金を払って悪質な口コミを書き込まれないようにしている」などの口コミで利用者に疑念を植え付けてしまい、売り上げが下がる営業妨害を受けたと報告されています。

サイトに掲載された3社の口コミは、ほぼ全てがマイナスな評価の内容で、「サクラばっかり」「(従業員が)しつこくて、最低最悪」「他の相談所に比べると高い」などと書かれていたといい、原告側は「事実と異なる」と男性に削除を求めたが、現金を要求されたと主張。
3社以外の一部の結婚相談所はマイナス評価の口コミがないことが判明したとして、「お金を支払っている相談所には好意的な口コミを掲載しているとみられる」とし、虚偽の口コミで名誉を毀損(きそん)されて利用者の信用を失い、売り上げ低下につながる業務妨害を受けたと訴えている。

産経WEST/「虚偽書き込みで業務妨害」結婚相談所が口コミサイトを提訴より

トリップアドバイザー、初の「口コミの透明性に関するレポート」を発表

世界中で多くの旅行者から信頼されている旅行のプラットフォーム「TripAdvisor(R)」は、口コミの透明性に関する初のレポートを発表しました。 …

2018年にトリップアドバイザーに投稿された虚偽の口コミの件数に関する統計データを、世界中で多くの旅行客から信頼を得ている「TripAdvisor(R)」がレポートとして発表いたしました。

6,600万件の口コミがトリップアドバイザーに投稿され、その内270万件が別途調査の必要な口コミとして人による分析の対象になったそうです。また、100万件以上の口コミが、掲載される前に高度な不正検出技術を使用して分析し、虚偽の口コミと判断されました。

すべての口コミ投稿のうち4.7%は、トリップアドバイザーの高度な分析技術を使用、もしくはコンテンツモデレーションチーム(以下、審査を担当するチーム)によって却下または削除されました。トリップアドバイザーが口コミを却下または削除する場合、その理由は、ガイドラインの違反から不正な口コミまで様々です。
すべての口コミ投稿のごく一部(2.1%)のみが不正な口コミと判断され、その大半(73%)は掲載される前に却下されました。
100万件超える口コミが虚偽の口コミとして判断され、サイト上に掲載されませんでした。

ORICON NEWS/トリップアドバイザー、初の「口コミの透明性に関するレポート」を発表より

架空の口コミ、女性の写真借用…グノシー子会社が虚偽広告制作 社内ガイドラインに抵触 – 毎日新聞

スマートフォン向けニュースアプリ大手で東証1部上場の「Gunosy(グノシー)」(東京都港区)の完全子会社が、化粧品や育毛剤などについて架空の「口コミ」や関係のない写真を使うなどした虚偽の広告を制作、配信していたことが毎日新聞と調査報道グループ「フロントラインプレス」の調べで明らかになった。グノシーは取材に「過去社内のガイドラインに抵触する事象があった」と回答、現在は広告制作業務を大幅に縮小…

2020年には、情報キュレーションサービスとして有名な「Gunosy」の完全子会社「株式会社digwell」が、化粧品や育毛剤などに、虚偽の広告を制作・配信していました。

記事によると、社員やアルバイトのライターが、効果を強調するような消費者のコメントや無関係の人物の画像を使った広告を制作していたという。

虚偽広告制作の舞台となったのはグノシーの100%子会社「digwell(ディグウェル)」。元社員、元アルバイトら関係者の話や内部資料によると、ディグウェルでは少なくとも2017年夏から18年6月まで、社員やアルバイトのライターらが、効能を強調する架空の消費者のコメント(口コミ)、無関係の人物の画像を使った広告を制作。グノシーのアプリのほか、スポーツ紙など他メディアのサイトにも掲載された。

毎日新聞/架空の口コミ、女性の写真借用…グノシー子会社が虚偽広告制作 社内ガイドラインに抵触より

このように、大手企業でも虚偽の口コミを作っていたり、あるいはサイトの運営自体が悪質な口コミを書き込んでいたりなど、様々な問題があります。「口コミ」の良し悪しを選別せず、全てを鵜呑みにしてAGAクリニックを選んでしまうと、高額な医療ローンを契約する羽目になることや、費用は安いが髪が生えないなんてこともあり得るのです。

比較するときのポイント② 安かろう悪かろうに引っかからない

AGA治療薬を比較する際、一番安い所に即決するのではなく、「相場」をきちんと把握しておくようにしてください。AGA治療薬を格安で販売して儲けようと思う所も中にはあるのが事実です。個人輸入したAGA治療薬を無許可で販売して逮捕された話も記憶に新しいニュースでした。フィナステリドとミノキシジルを合わせて7,000円程度で販売していました。

例えばフィナステリド1ヶ月分(1mg28錠)は6,000円~7,000円前後、ミノキシジルタブレット1ヶ月分(30錠)は10,000円~15,000円程度が相場です。その二つが合計7,000円で手に入るとなれば思わず手を伸ばしたくなる気持ちもわかります。

価格だけを追求していくと、個人輸入や輸入代行などに行きついてしまう人もいらっしゃると思いますが、AGA治療薬だけに限らず薬には必ず副作用があります。特段AGA治療薬の副作用は事前に医師の判断があってから処方されるべき薬になる為、厚生労働省では医師の処方なしで個人輸入は推奨していないのです。

ではクリニックで一番安い所に通えばいいかというとそうとも言えません。クリニックによっては集客の為に、AGA治療薬の価格を初回と2回目以降でわけているところもあります。初回は3,000円程度でできますが、2回目以降は10,000円かかるところも。イニシャルコストは安く済んでも、ランニングコストは数倍違うことになりかねません。きちんと年間どれだけの費用が必要なのか、予算と相談するようにしましょう。

目安となる平均相場のAGA治療費とは

まず各クリニックの治療費用を見ると、様々な治療法や治療費用が記載してあります。これからAGA治療を始める方にとっては何が治療費用の基準となるのか、本当にこの価格で治療ができるのか不安に駆られると思います。

そこで、東京のAGAクリニックの中でも特に有名な20クリニック程の治療費用の基準となる価格を算出しましたので、是非AGA治療費の1つの基準値として参考にしてみてください。

診療・処方内容平均月額(税込)
カウンセリング無料
プロペシア6,000円~8,000円
ザガーロ8,000円~10,000円
ミノキシジル外用薬6,000円~10,000円
ミノキシジル内服薬10,000円~15,000円
成長因子治療20,000円~300,000円
自毛植毛1,000,000円~2,000,000円

上記の各AGAクリニックの治療費の平均価格から分かることは、成長因子治療である育毛メソセラピーやHARG治療をするとしないで、大きく月額のAGA治療費用が異なってくるという点です。内服薬や外用薬だけの治療であれば月に高くても3万円前後に抑えることが出来ます。しかし、成長因子治療を入れると一気にその費用は倍以上に膨らみます。

ここでまずこれからAGA治療クリニックを検討している方に伝えたいのですが、金銭的に無理があるようであれば最初から無理をして「成長因子治療であるAGAメソセラピーやHARG治療」は必要ないでしょう。

これからAGA治療を始めるのであれば、比較的安価な内服薬や外用薬がどれだけ効果が出るか分かりません。また、薄毛が結構進行していても内服薬だけで、だいぶ髪の量が回復しているケースは自分を含めて友人も実際に多くいます。勿論、「成長因子治療であるAGAメソセラピーやHARG治療」は効果があり、多くの人が治療の選択肢として検討しています。

そもそもプロペシアやミノキシジルがどれだけ自分にとって効果があるか分からない状態で、金銭的な負荷をかける必要はないと思います。最初は初めてのAGAクリニックで緊張や恥ずかしさから、医師やカウンセラーに治療法を勧められると全て了承して、高額な治療を契約させられるケースもあるようですので、十分に注意してください。

費用が安いだけで選ぶと失敗するAGA治療

安さに重点を置いてAGA治療を始めると、なぜ失敗するのかを説明していきたいと思います。まずAGA治療には様々なタイプの薬が用いられます。治療薬の効果に関してはこちらのページ(【正しいAGA薬の選び方】AGA治療薬の効果と副作用を徹底比較)でも紹介していますが、薬の治療の効果を大きく分けると下記の2つです。

診療・処方内容見込める効果
プロペシア(フィナステリド)
ザガーロ(デュタステリド)
抜け毛を抑制して、薄毛の進行を止める
ミノキシジル内服薬
ミノキシジル外用薬
成長因子治療
植毛
発毛を促して、髪の毛を生やす

特に「抜け毛を抑制して、薄毛の進行を止める」効果のプロペシア(フィナステリド)のジェネリック薬品は、海外からであれば月3,000円程度でも入手することが出来ます。

その為、こういったクリニックは「AGA治療が3,000円で出来ます!」と宣伝をするのですが、「抜け毛を抑制して、薄毛の進行を止める」効果だけでは目に見える発毛効果を出すことは難しく、薬の効果として望めるのは「現状維持」程度です。しかし、その現実を事前に患者に伝える事はありません。では、どうするべきかというと、発毛を促して髪の毛を生やす効果のある薬である「ミノキシジル内服薬(or外用薬)」と「プロペシア(フィナステリド)」の両方を同時に処方し、なおかつ費用の安いクリニックを探すことが重要になります。

いくら安いからといって髪のボリュームが増えない月額3,000円の治療費用を永遠に払い続けるのと、抜け毛が減って髪のボリュームがアップした実感のある月額2~5万円を比較するのであれば間違いなく後者を選ぶはずです。

治療費用だけではなく、その費用でなんのAGA治療薬が処方されるか、そしてその薬がどんな効果があるかを事前に把握しておくことは非常に重要なことです。

AGA治療費用で各クリニックを比較する際の注意点

クリニックでAGA治療をする場合には、AGA治療通院経験者だからこそ知る陥りがちな注意点や罠が実はいくつもあります。これからAGAクリニックを選ぼうという方に是非覚えておいて頂きたいポイントを3つ紹介しますので、クリニック選びに役立てください。

ポイント1:AGA治療初回キャンペーン価格

AGA治療クリニックを探していると、初回〇〇〇円からのAGA治療というキャンペーンを良く見かけると思います。ちなみに、そもそも「キャンペーン」の表現を伴う広告はお役所である厚生労働省が禁止しているので、その上でキャンペーンの広告を使っているクリニックはだいぶ危ないと思った方が良いでしょう。その上でこのキャンペーン価格には2パターンの大きな罠が潜んでいます。

1つはプロペシアのジェネリック医薬品だけを処方するパターンです。この場合にはプロペシアだけだと基本的に抜け毛の予防効果に留まるため、発毛効果は期待できません。また、悪いAGA治療クリニックに出会った場合には、更に薬を次々に追加されて、結局月額数万円にもなるパターンが良くあります。実際にクリニックに行ってからこの事態に遭遇すると、断るのが難しくなってしまうため、カウンセリングで直接クリニックに行く前に電話でキャンペーン費用に何の薬が含まれるか、そしてその薬の効果を事前に確認しましょう。

もう1つのパターンは初期費用が非常に安く、2回目から割高になるパターンです。これはAGAクリニック以外にもよくあるパターンですが、毎月5,000円の治療は年間で60,000円ですが、初回100円で2回目から10,000円だと年間で110,100円です。AGA治療は決して1回では終わないことを考えなければなりません。最低でも半年から1年の治療期間を想定してクリニックの治療費用を比較することをおススメします。

例えるなら数年前は型落ちした1世代前の携帯電話本体を0円で配っていた携帯メーカーがありました、もちろん0円で携帯電話本体は手に入るので最初はお得感が満載なのですが、もちろん携帯電話なので回線費用を払わないと携帯電話は使えません。しかし、その回線費用が他社よりかなり割高で1年間その携帯電話を使うと、結局他社の携帯メーカーで最新機種の端末を定価で購入して1年間使った方が安いという社会問題がありました。

 

ポイント2:医療ローンによる長期契約の縛り

車や家など大きな買い物をする際に利用するローンですが、AGA治療においても医療ローンという制度があります。一般的なローンの様に確実に商品が手に入るのであれば問題ないのですが、AGA治療においては脱毛症の進行具合やプロペシア、ミノキシジルの体の感受性などで、治療結果が出ずらい体質の方もいます。

そうなった場合に、最初から医療ローンを組んでその治療を何カ月も何年もし続けることは非常にリスクがあります。また、治療の改善状態で途中で薬を変更するに伴い、費用が高くなる、または安くなるケースも十分に考えられます。そうなった場合に、AGA治療開始のタイミングで医療ローンを組んで多少なり治療費用が安くなるメリットに比べて非常に大きなデメリットとリスクを抱えることになります。AGA治療をこれから初めて受ける方は、出来る限り医療ローンを組まない方が良いでしょう。 

ポイント3:利用費用の安さと効果のバランス

AGA治療は自由診療なので、その薬の内容や費用設定は全てその病院が決めることが出来ます。その為、安価であっても海外の良く分からないジェネリック医薬品をオリジナル治療薬の名前を付けて処方しているAGAクリニックも少なからずあります。そう鑑みた場合、AGA治療費用が安いことは非常に大きなメリットですが、効果が無ければ一切意味がありません。薄毛予防や発毛効果を得るためにAGAクリニックに通う訳ですので、安さだけでなくしっかりと効果を追求する必要があります。

決して治療費だけで選ぶのではなく、各クリニックの症例写真や通院している人達の口コミなど「効果」もしっかりと検証した上で、AGA治療クリニックを選んでください。

比較するときのポイント③ 親身になってくれるかどうかを見極める

どのAGAクリニックにも大抵は、無料カウンセリングを初回通院時にうけることが出来ます。そのカウンセリングでは主に自分の薄毛の進行状況の確認、AGAかの確認、治療費用の説明などです。本来であればあくまで病院なので、治療の実施は患者自身に委ねられる訳ですが、一部の営業色の強いクリニックですと、無料カウンセリング時に積極的な営業をかけて強引に契約を結ばせようとするケースもあるようです。勘違いしないでいただきたいのは、AGAだけではなく、他のどのクリニックも収入源は患者さんの診察料と治療費です。いわゆる医業収益になりますから、営業色が強いことが悪いわけではありません。

しかし、何も知識を持たないままカウンセリングに行ってしまうと、結局クリニック側の情報だけで判断しなければいけなくなります。そうならない為には、自分自身が苦しんでいる病気のことは知っておいた方がいいですよね。AGAとはどんな病気なのか、どんな治療法があるのかなど、知識を持った上で、無料カウンセリングを受けましょう。真摯に対応してくれるクリニックを見極める為に、1つのクリニックに絞ってカウンセリングを受けるのではなく、2~3クリニックを候補に挙げたうえで、複数の無料カウンセリングを受けて、最終的に通院するAGAクリニックを決めるのが良いでしょう。

AGAクリニックの治療月額費用比較一覧まとめ

まずは東京のAGA治療専門クリニックの月額の治療費一覧をまとめてみましたので、参考にしてみてください。ただ、重ねてですが「安い」=「良い」AGAクリニックでは無いので、実際に足を運んで本当に通うに値するクリニックかはしっかりと自分で判断しましょう。

クリニック名内服薬外用薬メソセラピー植毛月額平均費用
銀座総合美容クリニック×18,900円
池袋AGAクリニック××21,600円
Dクリニック××32,400円
AGAヘアクリニック××33,480円
銀座HSクリニック×34,900円
恵比寿美容クリニック×××40,000円
湘南美容クリニック52,800円
聖心毛髪再生外来69,660円
TOMクリニック×71,280円
東京AGAクリニック×91,800円
表参道スキンクリニック×91,800円
AGAスキンクリニック×98,280円
東京青山クリニック×108,000円
四谷ローズクリニック×108,000円
東京ロイヤルクリニック×117,720円
ヘアライフAGAクリニック×123,300円
HARG治療センター××180,000円
中央クリニック368,960円

「〇」はそのクリニックが対応している治療方法です。
「✖」はそのクリニックが対応していない治療方法です。

東京都内のAGAクリニック総合ランキング

東京都でAGA治療を開始したいときのオススメAGAクリニックを総合ランキングで表にしました。立地や口コミ、無料カウンセリングでの対応などを参考にしながらランキングしております。

評判の高い病院1位 銀座総合美容クリニック(銀クリ)

住所〒105-0004 東京都港区新橋1-4-5 G10ビル9・10F
電話番号0120-972-335
診療時間月/火/木/金/土 11:00~20:00
休診日水曜日
最寄駅JR新橋駅/東京メトロ新橋駅/都営浅草線新橋駅/東京メトロ銀座駅

「常に患者さん目線でのクリニック運営」「患者満足度NO,1のAGAクリニックを目指す」をクリニックの運営理念として掲げ、治療だけではなく接客や細かな気配りにも力を入れています。
以前、院長の正木医師は薄毛に悩んでいた時期があった経験があるそうで、こういった患者さん視点の運営理念が生まれてくるのだと思います。実際に頭髪治療を自らも経験した実体験からのアドバイスやメンタル面のサポートをしてくれる点も銀クリの人気の一つと言えるでしょう。

診療内容料金
カウンセリング・診察費用無料
初診・診察費用(写真データベース作成)\3,300
血液検査費用\5,500
再診・診察費用無料
AGA治療内服薬(1ヶ月あたり)\7,150~\19,250
ノーニードル育毛メソセラピー(1回)\19,800
ケトコナゾール配合育毛シャンプー(1本370ml)\4,070
AGA遺伝子診断\19,800
MSD製薬(旧万有製薬)プロペシア(1ヶ月分28錠)\7,700

2位 Dクリニック東京(ヘアメディカル)

住所 〒100-6208 東京都千代田区丸の内1-11-1 パシフィックセンチュリープレイス丸の内10F
電話番号 03-5224-5551
診療時間 火:10:00~19:00、水:13:00~20:00、木/金:10:00~20:00
土:9:30~19:00、日:9:30~18:00
休診日 月曜日
最寄駅 JR東京駅/東京メトロ京橋駅/JR有楽町駅

有名スカルプシャンプーの「スカルプD」を研究・開発したヘアメディカルグループの病院です。。院長である小林一広医師は、「GOETHE」「産経ニュース」など様々な新聞や雑誌で取り上げられ、「予約殺到!スゴ腕の専門外来スペシャル」という医療バラエティ番組にも出演しています。最近ではお笑いタレントのナイティナインさんを広告塔として起用しCMを放映しています。
AGA治療は内服薬と外用薬のみ処方です。

診療内容料金
カウンセリング・診察費用無料
初診費・再診費(診察+血圧測定+マイクロスコープ+頭部撮影)\16,500~\33,000
プロペシア錠(MSD社製)30錠\7,700 ※初回のみ
フィナステリド錠(ファイザー社製)30錠\6,600 ※初回のみ
ザガーロカプセル0.5mg(GSK社製)30錠\10,450 ※初回のみ
アンドロゲンレセプター遺伝子検査\20,900
ミネラル検査\11,000

3位 AGAスキンクリニック
(AGAスキン)

住所〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-22-10 タキザワビル6F
電話番号0120-31-9696
診療時間10:00~21:00
休診日年中無休
最寄駅JR渋谷駅/東京メトロ渋谷駅

女性の美容整形専門クリニックである東京美容外科の院長である麻生泰先生が、男性の薄毛治療やAGA治療に特化して設立したクリニックです。最近では「AGA遠隔診療」や「AGA深夜診療(23時まで)」など、患者の満足度を上げるサービスが拡充しています。
北は北海道、南は沖縄まで全国20エリア以上にAGAスキンクリニック(AGAスキン)を展開し、主要駅の徒歩で早数分の場所にクリニックを構えており、アクセスが非常に良好な点も人気の理由の1つといえます。

診療内容料金
カウンセリング・初診料/再診料無料
血液検査(2回)\21,600
プロペシア錠(MSD社製)30錠初回:\4,620
2回目以降:\7,700
ザガーロ錠(MSD社製)30錠初回:\5,280
2回目以降:\9,020
ジェネリック医薬品 フィナステリド錠1㎎「ファイザー」初回:\3,740
2回目以降:\6,600
オリジナル発毛薬「Rebirth」内服薬+外用薬(1ヶ月あたり)\55,000
Dr’sメソ治療(AGAメソセラピー)(1回)\88,000
MINOXI JET(ミノキジェット)\88,000
スマートグラフト自毛植毛(100~1,000グラフト)基本料金
\330,000 \110,000~\1,100,000
シャンプー&ヘアトリートメント「BALUMOⓂ」\2,860
シャンプー&ヘアトリートメント「BALUMOⒻ」\3,080

4位 湘南AGAクリニック(SBC)

住所〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-2-13新宿TRビル4階
電話番号0120-548-911
診療時間10:00~19:00
休診日年中無休
最寄駅JR新宿駅/小田急線新宿駅/都営大江戸線新宿駅

以前はルネッサンスクリニックという病院でクリニックを運営していましたが、数年前から湘南AGAクリニック(SBC)に院名が変更になったAGAクリニックです。「3,000円から始めるAGA治療」というキャッチコピーで湘南美容クリニック(SBC)院長の相川佳之医師が出演するCMを放送して話題を集めています。
しかしCMではAGA治療が3,000円と書いてあるものの、ホームページでは1,800円と記載があるなど、価格に差異があります。またミノキシジルタブレットはフィナステリドとミノキシジル外用薬とのセットでしか処方されていません。またその他の治療方法にある「スマートメソ」は通常価格 3回で99,810円(税込)と高額です。、CMのキャッチフレーズそのままに治療費が安いクリニックとして捉えると失敗する原因になるかもしれません。

診療内容料金
ドクターカウンセリング(30~50分程度)無料
初診・再診料 (頭皮チェックの際、マイクロスコープ使用)無料
血液検査\3,870/回
HRタブレットAi(フィナステリド)初回:\1,800/月
2回目以降:\3,000/月
HRタブレットセット
(フィナステリド+ミノキシジル+ビタミン/ミネラル/アミノ酸)
\13,030/月
フィナステリド錠(小林化工)\3,000/月
プロペシア錠(MSD社)初回:\4,270/月
2回目以降:\6,620/月
ザガーロ カプセル(GSK社)初回:\4,880/月
2回目以降:\8,350/月
HRアクア スプレー\9,980/月
ロゲイン5%(60g)\5,940/月
HRタブレット&スプレーセット\20,160/月
毛髪再生スマートメソプレミアム\99,810/3回
クイックメソ スタンダード\20,160/3回
クイックメソ プレミアム\25,250/3回
ジェットメソ\81,270
毛髪再生スマートメソプレミアム\99,810/3回
ボトックス注射メソセラピー\70,120/回
【新治療】ダブルマトリックス\252,590/回
ARTAS(アルタス)植毛 3000グラフト\1,890,000

5位 AGAヘアクリニック(ヘアクリ)

住所〒101-0021 東京都千代田区外神田3-12-8 住友不動産秋葉原ビル9階
電話番号0120-8219-55
診療時間10:00~20:00
休診日不定休
最寄駅JR秋葉原駅 電気街口から徒歩4分

2017年の3月6日に東京秋葉原にリニューアルオープンした遠隔診療に特化したAGAクリニックです。サッカー日本代表の長友選手や、欅坂46に所属する長濱ねるさんをCMに起用して話題を集めています。AGAヘアクリニック(ヘアクリ)のAGA治療の特色としては、スマホ(スマートフォン)の専用アプリ(AHCトータルサポートアプリ)を利用した遠隔診療を積極的に実施している点です。(初めての診察は秋葉原院への通院が必須)

しかしなお、AGAヘアクリニック(ヘアクリ)が取り扱っている内服薬はオリジナルの薬が中心で、「FINA」は、AGA治療における有効成分「フィナステリド」の他にも、治療のサポートによいビタミンや亜鉛などの栄養成分を独自に配合されています。DUTA(デュタステリド配合内服薬)やMINOCK(ミノキシジル配合内服薬)にいたっては他に何が配合されているのか、詳細はを明記されていません。していません。また注釈に小さく記載されていましたが、ミノキシジル内服薬・ミノキシジル外用薬は様々な濃度を扱っており、料金は一律だそうです。他のクリニックやミノキシジルを配合している商品でも、濃度が高くなるほど価格も比例しています。それを一律で処方できるのは、価格が高めに設定されているからかもしれません。高濃度のミノキシジルの処方を受けたい方には嬉しいポイントかもしれません。

それでも「遠隔診療」は魅力ではありますので、なお、離島に住んでいる人や近くにAGAクリニックに通院できない人は、一度は秋葉原で受診する必要がありますが2回目以降は「遠隔診療」で受診ができるのでオススメです。

診療内容料金
初診・再診・医療相談料無料
FINA(フィナステリド配合オリジナル内服薬)\5,500
DUTA(デュタステリド配合オリジナル内服薬)\8,000
MINOC(ミノキシジル配合オリジナル内服薬)\10,000
MINOC LIQUID(ミノキシジル配合オリジナル外用液)\13,000
VITADD(毛髪成分オリジナルサプリメント)\3,000
PANTO(女性専用オリジナル内服薬)\9,500
KETOCO(ケトコナゾール含有オリジナル治療薬)(1本)\3,000
シャンプー(オリジナル)(1本)\3,500
コンディショナー(オリジナル)(1本)\3,500
シャンプー &コンディショナーセット(1本)\6,500
一般血液検査\3,000
特殊血液検査\5,000
生活習慣検査\3,000

6位 表参道スキンクリニック(ヘアジニアス)

住所 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-9-13 喜多重ビル4階
電話番号 0120-334-270
診療時間 月/火/木 11:00~20:00
金/土 11:00~19:00
日/祝日 10:30~18:00
休診日 水曜日
最寄駅 JR原宿駅/東京メトロ表参道駅/東京メトロ明治神宮前駅

テレビで人気の女性タレントである友利新医師が在籍している病院が表参道スキンクリニック(ヘアジニアス)です。一般的なフィナステリドやミノキシジルなどの処方ではなく、オリジナル処方薬をメインに処方している面を強みとしていますが、処方される薬はミノキシジル・アミノ酸・ビタミン・ミネラルなど、発毛効果のある成分を配合した薬で、1ヶ月38,500円になります。
元々女性専用の美容整形の病院である為、男性のAGA治療の他に女性向けの医療レーザー脱毛やフェイシャル、美容外科などさまざまなものが揃っています。女性であれば整形手術のついでに薄毛治療を受けるといったこともでき、特に女性からの人気が高いクリニックになっています。

診療内容料金
遠隔診療※再診より予約可\1500
マイクロスコープ(頭皮チェック)無料
血液検査\5,500
ヘアジニアス処方セット(内服+外用)1ヶ月分初回:\32,780
2回目以降:\38,500
ヘアジニアス内服薬1ヶ月分\23,100
ヘアジニアス外用薬1ヶ月分\16,500
医療発毛頭皮治療ベーシック (1回)\34,320
医療発毛頭皮治療プレミアム (1回)\56,980
フィナステリド錠(プロペシア)1mg 1箱28錠\6,380
プロペシア錠 1箱28錠\8,800
ザガーロ 1箱28錠\9350
フィンペシア 1箱(30錠)\4,180
医療スカルプケア注射\7,700
医療スカルプケア点滴\11,000

7位 TOMクリニック

住所〒105-0004 東京都港区新橋3-7-3 新橋フォディアビル5F
電話番号0120-033-039
診療時間10:00~20:00
休診日無休
最寄駅JR新橋駅

湘南美容クリニック(旧ルネッサンスクリニック)に次いで、ARTASという最先端のロボットを用いた植毛手術を日本で開始したAGA病院です。東京と大阪にクリニックを構えており、内服薬などのAGA治療を行ってはいますが、自毛植毛の技術に長けていますので、植毛を検討している方にはおススメ出来る病院といえます。
TOMクリニックは美容外科としてAGA治療を専門に行っている施設になり、有名な薬を用いる方法の他に、独自で開発している治療やTOMエッセンスやTOMシャンプーといった独自のホームケア用アイテムも取り揃えています。「通院が楽しくなるクリニック」という広告で喜びの声などを確認することができます。

診療内容料金
無料カウンセリング(最大45分程度)無料
初診料(頭皮・頭髪チェック「BUSH」)\3,300
血液検査\5,500
遺伝子検査\22,000
内服薬\6,600~\33,000
グロースメディスンフォーム\7,700
TOMヘアグロースシャンプー\7,150
TOMエッセンス\11,000
PRP治療\110,000
TOMヘアグロースカクテルメソ\66,000
再生促進メソ\53,900
発毛促進メソ\53,900
ノンニードル電気導入\55,000
ARTAS植毛 3000グラフト基本料金:\385,000
\1,716,000
Sitemaking\104,500

8位 中央クリニック

住所〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-10-18 小滝橋パシフィカビル4F
電話番号0120-106-645
診療時間10:00~18:00
休診日不定休
最寄駅JR新宿駅/西武西新宿駅

中央クリニックグループでは全国の18院でHARG治療を実施しており、全国規模でHARG治療を実施している唯一のクリニックです。札幌や仙台、福岡など地方でも主要な地域にあるので、地方にいながらHARG治療ができることで人気を集めています。
中央クリニックでの主な治療方法は、タンパク質やビタミン血液促進剤など、個人の症状に合わせて配合したカクテルを頭皮に注入する「HARG治療」です。また、もともと中央クリニックグループは女性を対象に美容外科、美容皮膚科として展開していました。「メンズ中央クリニック」としてメンズ美容にも力を入れたことで、AGA治療だけではなくED治療やメンズ脱毛も受診が可能になります。自由診療を手広く取り扱うことで、女性にも男性にも通いやすいクリニックでしょう。

診療内容料金
カウンセリング・初診料/再診料無料
HARG療法\88,000 ~ \1,188.000
プラセンタカプセルMDG(1箱)(1ヶ月あたり)\10,450
スカルプケア(RAISEシリーズ)シャンプー (1本)\3,960
スカルプケア(RAISEシリーズ)コンディショナー (1本)\3,960
スカルプケア(RAISEシリーズ)トリートメント (1本)\3,960
ザガーロ (1箱) 30錠\8,800
純正プロペシア (1箱) 28錠\7,700
ジェネリック (1箱) 28錠\5,500
パントガール (1箱) (1ヶ月あたり)\8,800
ミノキシジル(3本)(3ヶ月あたり)\13,200
ミノキシジルタブレット 5mg 30錠 30日分\4,400
ミノキシジルタブレット 2.5mg 60錠 30日分\6,600

9位 池袋AGAクリニック

住所 〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-7-5 池袋イースタンビル6F
電話番号 03-6914-1616
診療時間 木/金15:00~19:00
土/日12:00~18:00
休診日 月/火/水
最寄駅 JR池袋駅

根拠に基づいた医療(EBM=Evidence Based Medicine)を行うことを心がけており、薬物療法のみならずカウンセリングによる心理学的なアプローチ等を総合的に行っています。医療の技術だけでなく、温かみを感じることが出来る診察環境が整っています。
しかしながら池袋AGAクリニックのホームページに、通常のAGAクリニックのメリットとデメリット、池袋AGAクリニックのメリットとデメリットの比較表が掲載されています。あからさまにクリニック名を出せないのは重々承知していますが、クリニック名が明記されていないのは少し根拠に欠けるのかと思い、この順位になりました。そもそも、他のクリニックを比較をする表を掲載するというところも考慮いたしました。

診療内容料金
診察料\5,500
採血検査・血圧測定\7,700
DNA検査\20,900
診察料・処方薬(30日分)\22,000

10位 ヘアライフAGAクリニック

住所〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-15-9 加瀬ビル6F
電話番号0120-000-528
診療時間10:00~23:00【完全予約制】
休診日年中無休
最寄駅JR線新宿駅

2017年4月にオープンしたばかりの比較的新しいクリニックがヘアライフAGAクリニックです。新宿院と渋谷院のみではありますが、23時まで診療できる夜間診療を行うようになりました。
「業界最安値に挑戦」というキャッチコピーで広告も出回っています。しかし料金事態は業界最安値というわけでもなく、どちらかというと平均的な料金設定です。また「フィナステリド」や「ミノキシジル」のようなAGA治療薬ではなく、オリジナル発毛薬や発毛サプリメントが比較的高額で取り扱っている為、決して治療費が安い訳ではありません。

診療内容料金
カウンセリング・初診料/再診料無料
血液検査 (2回)無料
オリジナル発毛薬 HAIR-L内服薬\6,600~\23,100
オリジナル発毛薬 HAIR-L外用薬\13,200~\15,400
オリジナル発毛薬 HAIR-L外用薬エッセンス\9,900~\11,550
毛髪再生HYPER BENEV療法(ノーニードル)初回:\16,500
2回目以降:\33,000~
毛髪再生HYPER BENEV療法
(カクテルノーニードル)(1回)
\52,800~
毛髪再生HYPER BENEV療法(ニードル2cc)(1回)\52,800~
毛髪再生HYPER BENEV療法(ニードル4cc)(1回)\66,000~
幹細胞再生治療 無痛注入法 (1回)\66,000
プロぺシア初回:\4,620
2回目以降:\7,700
ザガーロ初回:\5,280
2回目以降:\9,020
フィナステリド錠「ファイザー」初回:\3,300
2回目以降:\6,600
パントガール\6,600
Dr.’sタブレット初回:\3,300
2回目以降:\6,600~
ヘアL シャンプー\4,950
ヘアL トリートメント\4,950
ヘアL シャンプー&トリートメント\8,800
SHEE+ サプリメント(1箱)\13,200
SHEE+ スカルプバイオリポセラム(1本)\12,960
SHEE+ サプリメントプレミアム(1箱)\17,925

11位 銀座HSクリニック

住所〒104-0061 東京都中央区銀座8丁目9-15 JEWEL BOX GINZA 5F
電話番号0120-552-651
診療時間11:00~20:00
休診日年中無休
最寄駅銀座駅/新橋駅

銀座HSクリニックは、「発毛」「育毛」などの薄毛治療を専門とする皮膚科医院です。針を使わないHS式ノーニードルメソセラピーが定番人気の治療方法となっています。髪だけではなく頭部の頭皮の匂いやフケなどの悩みを抱えている人は、42,900円(税込)で受けられるトータルヘッドセラピーがあり、頭皮のコリをほぐし血行を良くしてくれますのでオススメです。
一方で植毛などのAGA治療も行っているクリニックになりますが、内服薬と外用薬の処方について詳細がホームページで確認できません。男性用内服薬はジェネリックの場合4,290円(税込)と、どの薬のことを示しているのかが不明な為、カウンセリングの時に提案されるでしょう。その他にもヘッドスパやアンチエイジング治療もあるので、病院というよりもサロンやエステに雰囲気が近いです。その為、薄毛に悩む男性よりも美容にも興味のある女性におすすめのクリニックです。

診療内容料金
問診/カウンセリング無料
初診料\3,300
再診料\2,200
ノーニードルメソセラピー初回:\5,500
2回目以降:\34,100
ダーマスタンプ (1回)\49,500
トータルヘッドセラピー(1回)\42,900
HS発毛促進点滴 (1回)\10,780
男性用内服薬 (1ヶ月あたり)(ジェネリックの場合)\4,290
男性用外用薬 (1ヶ月あたり)\13,200
女性用内服薬 (1ヶ月あたり)\10,780
女性用外用薬 (1ヶ月あたり)\13,200~

AGAクリニック選びは費用と効果のバランスが重要

AGA治療をする上で本当に大事なのは、効果がしっかり出るか、そして信頼が出来るクリニックかを見極めること。「安物買いの銭失い」になってしまっては、銭を失うだけでなく、通院という時間さえも無駄にしていまいます。

せっかく病院まで足を運んで毎月お金と時間を費やすのですから、「発毛」の効果は勿論、その中でも出来るだけ「安く」費用を抑えてコスパが一番いい病院に通いたいと思うのは当たり前ですよね。その結果、都内で有名なAGA病院の治療費用やコスパを調べた結果、1位は「銀座総合美容クリニック(銀クリ)」でした。実際に管理人も何年か通ってみると、一番満足度が高いAGAクリニックでした。

銀座総合美容クリニック(銀クリ)ではFDAで世界的に効果が認められている「フィナステリド」や、AGA専門病院でしか処方を受けることが出来ない「ミノキシジル」の内服薬でしっかり治療できます。ミノキシジルの内服薬に焦点をあてると、他院と比較して最も安価に処方が受けることが出来るでしょう。更にHARG治療やAGAメソセラピーと同等の発毛効果の可能性がある、「育毛メソセラピー」が20,000円を切る費用ですので、プラスアルファの治療を受けた場合でも月に内服薬込で5万円を切る価格帯で治療を提供しています。

また、何れの治療も自分自身で最終的には選択可能なので、無理に営業されることなくお財布と相談しながら、髪にとって、自分の予算に合せて効果的な発毛治療が出来るのも費用で安心できるポイントです。

23区でAGA治療薬「プロペシア」を処方できるクリニック一覧

ご紹介したAGAクリニック以外にも、AGA治療薬「プロペシア」を処方できるAGAクリニックだけではなく、皮フ科や美容外科などの一覧のリンクはこちらからどうぞ。

AGAの原因と治療法を知ろう

AGAクリニックを選び、いざ無料カウンセリングで医師と相談する際に何も知識がないと、「当クリニックのこのサプリメントであれば発毛しますよ!」など、根拠のない口車に乗ることもあるかもしれません。そうならない為にも、AGAとは何か、どんな治療法があるのかをしっかりと理解してから無料カウンセリングに行きましょう。
AGAとは男性型脱毛症と呼ばれる病気の1つです。その為、薄毛になる仕組みやメカニズムや治療方法などは医学的に解明されています。薄毛が進行する不安にかられて闇雲に育毛剤や民間療法に頼ることはおススメしません。しっかりとAGA(男性型脱毛症)の原因と仕組みを理解すれば、おのずと最適な薄毛の治療方法が何かを見いだせるはずです。

AGAになるまでの流れ

①テストステロンが生成

AGA(男性型脱毛症)の原因はテストステロンという男性ホルモンです。テストステロンは体内で生成されるホルモンなので何か特定の物を食べて外部から摂取をする訳ではなく、男性の睾丸や副腎などで生成されて内臓などの内分泌腺(ないぶんぴつせん)から血中を回る物質です。

【AGAの原因ではあるものの、このテストステロンは人間の二次性徴を発現・成熟させる為に必須のホルモンであり、筋肉の発達や骨格の形成にとても深く関わりがあります。
②テストステロンと5α還元酵素が結合

毛乳頭細胞中にある5α還元酵素(5αリダクターゼ)とテストステロン(男性ホルモン)が結合することで、ジヒドロテストステロン(DHT)という別のホルモンに変換されます。
テストステロンが内臓などの内分泌腺から、血中に放出され全身をくまなく巡り、頭部の毛乳頭細胞に到達します。毛乳頭細胞中にある5α還元酵素(5αリダクターゼ)と結合すると、ジヒドロテストステロン(DHT)という「髪にとっての悪玉男性ホルモン」に変換されます。

5α還元酵素(5αリダクターゼ)はⅰ型とⅱ型の2種類が存在します。ⅰ型は全身の体毛の毛乳頭細胞に存在し、ⅱ型は頭髪の毛乳頭細胞中に多く存在することから、AGA(エージーエー)に関連性の高い5α還元酵素(5αリダクターゼ)はⅱ型といわれています。
③髪の毛に短命になるようシグナルを発信

毛乳頭細胞中の核内にあるアンドロゲン受容体(アンドロゲンレセプター)とジヒドロテストステロン(DHT)が結合することで、ヘアサイクル(髪の毛の生え代わり)に対して短い期間(短命)で生え変わる様にシグナルを伝達します。
これにより通常2年~7年かけて循環するヘアサイクルが、数ヶ月~1年程度まで早まってしまいます。

④ヘアサイクルが乱れることで毛髪は早く脱毛する

AGAにより髪の毛の生え代わり(ヘアサイクル)の短命化が加速すると、成長期が本来の2年~6年からどんどんその期間が短くなります。
髪も長く太く成長することが出来ず産毛の様な髪が生えて直ぐ抜けるという現象に陥ります。
成長期が短くなった髪の毛は、髪の毛の抜けるまでの時間が短くなる為、AGAの進行が進むほど抜け毛の量が増加していきます。

ヘアサイクル(毛周期)
ヘアサイクル(毛周期)
【本来1本の髪の毛は成長期(2年~6年)の期間を経て、髪の毛が長く太く成長した後に、その成長が完全にストップします。その後は退行期(2週間)を経て、毛球の退縮が始まり休止期(3~4カ月)後に髪が脱毛し、また新しい髪の毛が生えて成長期を迎えるのがヘアサイクルです。
⑤髪がミニチュア化して自覚症状が出始める

髪の毛が長く太く成長することが出来ない為に髪のミニチュア化(短く細くなる)が進行し、髪の密度が下がり頭皮が露出し始めて自覚症状が出始めます。
AGA初期段階であれば抜け毛が増えても、また次の髪の毛が増えてくる為、見た目に薄くなることはありません。しかし時間の経過とともに、数百本の髪の毛が一斉にヘアサイクルの循環を早めていくと、脱毛も初期状態から更に増えていき頭皮が露出していきます。
ヘアサイクルも無限に次々と髪が生えてくるわけではなく、凡そ50回程度が1つの毛根から髪の毛が生え変われる限界と言われています。

⑥ヘアサイクルは終焉を迎え、ただの毛穴になる

AGAが進行して次々と生え変わった髪の毛は、その回数が上限に達することで髪の毛が生え変わることのない毛穴となり、ヘアサイクルの終焉を迎えます。
ここまでAGAが進行してしまうと、髪の毛が一切ない状態となる為、頭皮のみが露出する状況になります。残った毛穴にいくらAGA治療薬などで対処しようとしても、すでに手遅れです。以上がAGAの発症までの流れと仕組みです。AGAは早期治療が大事と言われるのは、ヘアサイクルが寿命を迎える前であれば打つ手があるからでしょう。

AGAにはどんな治療法があるのか

これから色々なクリニックを見て選ぶ人は、様々なAGA治療を見ることでしょう。現在医学において「AGAを治療する」といっても「レーザーを頭皮に充てる」「頭皮に薬を塗る」「薬を飲む」などの多種多様な方法が存在します。またAGA治療の主軸となる治療薬にも非常に多くの種類があります。ここではそれぞれのAGA治療がどういう治療法なのかをご説明いたします。

AGA治療薬(内服薬・外用薬)

AGA治療にはいくつか治療法はありますが、ほぼメインで診察する方法は内服薬と外用薬による治療です。AGA治療薬として紹介されるものは主に4種類です。

【内服薬】プロペシア(フィナステリド)

項目内容内容
作用機序男性における男性型脱毛症(AGA)の進行遅延(抜け毛の予防や薄毛の進行抑制)
副作用瘙痒症、蕁麻疹、発疹、血管浮腫、
睾丸痛、男性不妊症、精液の質低下、勃起機能不全、
AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、γ-GTP上昇、
乳房圧痛、乳房肥大、抑うつ症状、めまい
禁止女性と未成年への服用
引用プロペシア錠 添付文書/MSD株式会社
平均市場価格30錠(1ヶ月分):5,000円~8,000円

日本皮膚科学会によって策定された「男性型脱毛症診療ガイドライン」において、推奨度の最も高いAに分類されているAGA治療薬です。
AGAは「男性ホルモン(テストステロン)」と「5α還元酵素(5αリダクターゼ)」が結合してDHT(ジヒドロテストステロン)が生まれることで頭髪の脱毛が促進されると説明いたしました。プロペシア(フィナステリド)は「男性ホルモン(テストステロン)」と「5α還元酵素(5αリダクターゼ)」の結合をブロック(阻害)することで、抜け毛の予防効果を発揮します。その為、医学的な名称として「5α-還元酵素阻害薬」と呼ばれています。

3ヵ月の連日投与により効果が発現する場合もあるが、効果が確認できるまで通常6ヵ月の連日投与が必要である。また、効果を持続させるためには継続的に服用すること。なお、増量による効果の増強は、確認されていない。

プロペシア錠 添付文書

また、プロペシア(フィナステリド)の服用を始めてて、直ぐに頭髪の脱毛は停止しません。プロペシア(フィナステリド)を服用すると、ヘアサイクル(毛周期)への脱毛のシグナルを止めて、時間を掛けて短くなった成長サイクルを元通りにしていくプロセスを踏みます。添付文書にも記載があるように、プロペシア(フィナステリド)服用の効果を実感するのは、個人差はありますが3~6ヵ月前後かかる事が一般的と言われています。

【外用薬】ミノキシジル

項目内容
作用機序壮年性脱毛症における発毛、育毛及び脱毛(抜け毛)の進行予防。
副作用頭皮の発疹・発赤、かゆみ、かぶれ、ふけ、使用部位の熱感、
頭痛、気が遠くなる、めまい、
胸の痛み、心拍が速くなる、
原因の分からない急激な体重増加、手足のむくみ
禁止女性と未成年への服用
引用ミノキシジル配合外用液5%「FCI」/富士化学工業株式会社 添付文書
平均市場価格1本(2ヶ月分):6,000円~9,000円

日本皮膚科学会によって策定された「男性型脱毛症診療ガイドライン」において、プロペシア(フィナステリド)と同様に推奨度の最も高いAに分類されているAGA治療薬です。なお、男性と女性では、推奨されるミノキシジルの配合量が異なり「男性は5%、女性は1%」と異なります。
液状のミノキシジルを頭皮に散布して、頭皮から直接毛根に有効成分であるミノキシジルを届ける経皮吸収タイプの薬です。日本では「リアップ」として発売されており、厚生労働省で唯一「発毛」できる育毛剤として発売されており、AGAクリニックにだけでなく薬局などでも入手することが可能です。

毛髪が成長するには時間がかかります。効果がわかるようになるまで少なくとも4ヵ月間、毎日使用してください。(本剤の有効性は4ヵ月使用後から認められています。)(中略)用法・用量の範囲より多量に使用しても、あるいは頻繁に使用しても効果はあがりません。定められた用法・用量を厳守してください。(決められた以上に多く使用しても、効果の増加はほとんどなく、副作用の発現する可能性が高くなります。)

ミノキシジル配合外用液5%「FCI」/富士化学工業株式会社 添付文書

【内服薬】ミノキシジル

項目内容
作用機序 血管を拡げる効果で、髪の毛へ酸素や栄養の供給が増やし発毛を促進。
副作用 多毛症、胸痛、心拍数増加、動悸、息切れ、呼吸困難、
うっ血性心不全、原因不明の急激な体重増加、手足のむくみ
引用 LONITEN-ミノキシジル錠/アップジョン社
平均市場価格 30錠(1ヶ月分):10,000円~15,000円

日本皮膚科学会によって策定された「男性型脱毛症診療ガイドライン」において、推奨度のD判定で行うべきでない」という最低ランクの評価になりました。ミノキシジルの外用薬はA判定と比べると非常に低い判定であることが分かります。この理由としては「男性型脱毛症診療ガイドライン」の判定が、ミノキシジル内服の効果に対しての判定ではなく、国内で臨床試験は実施されておらず、国内での製造や処方が認められていないからという理由です。

なおAGA治療を専門に実施しているクリニックや病院のほとんどが、ミノキシジル内服薬を処方しております。これは医師法で医師の判断と責任のもとであれば、海外から輸入をして国内で処方が出来るという規定がある為取り扱っています。何か法律の抜け穴を利用したり違法に処方をしているわけではありません。

フィナステリドなどのAGA治療薬と異なり、服用してから約3週間~6週間で効果を感じられます。
多毛症—細い体毛の伸び、肥厚、色素沈着の亢進は、ロニテン錠を服用している患者の約80%に見られます。これは、治療開始後3〜6週間以内に発症します。通常、こめかみ、眉毛の間、生え際と眉毛の間、または後側上部の頬の脇腹部に最初に気づき、後に背中、腕、脚、頭皮に広がります。

LONITEN-ミノキシジル錠/アップジョン社(和訳)

【内服薬】ザガーロ(デュタステリド)

項目内容
作用機序男性における男性型脱毛症のみの適応である。
他の脱毛症に対する適応はない。
副作用瘙痒症、蕁麻疹、発疹、血管浮腫、
睾丸痛、男性不妊症、精液の質低下、勃起機能不全、
AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、γ-GTP上昇、
乳房圧痛、乳房肥大、抑うつ症状、めまい
禁忌女性と小児への使用
引用グラクソ・スミスクライン株式会社/添付文書
平均市場価格30カプセル(1ヶ月分):7,000円~10,000円

日本皮膚科学会によって策定された「男性型脱毛症診療ガイドライン」において、プロペシア(フィナステリド)、ミノキシジル外用薬と同じ推奨度の最も高いAに分類されているAGA治療薬です。2016年6月13日にザガーロカプセル0.1mgと0.5mgの2種類の発売が開始されました。他のAGA治療薬と比べると歴史が未だ浅い新しいAGA治療薬といえます。

投与開始後12週間で改善が認められる場合もあるが、治療効果を評価するためには、通常 6 ヵ月間の治療が必要である。

グラクソ・スミスクライン株式会社/添付文書

プロペシア(フィナステリド)と同様、ザガーロ(デュタステリド)も「男性ホルモン(テストステロン)」と「5α還元酵素(5αリダクターゼ)」の結合をブロック(阻害)することで、抜け毛の予防効果を発揮します。ではザガーロ(デュタステリド)とプロペシア(フィナステリド)の違いは阻害する5α還元酵素(5αリダクターゼ)の種類が異なります。

デュタステリドは、テストステロンをジヒドロテストステロンへ 変換する 1 型及び 2 型 5α還元酵素を阻害する。ジヒドロテストス テロンは男性型脱毛症に関与する主なアンドロゲンである。

グラクソ・スミスクライン株式会社/添付文書

AGAと関連性が高いと考えられている5α還元酵素(5αリダクターゼ)ⅱ型と「男性ホルモン(テストステロン)」の結合のみを阻害するのがプロペシア(フィナステリド)で、ⅰ型及びⅱ型の両方の「男性ホルモン(テストステロン)」と「5α還元酵素(5αリダクターゼ)」を阻害するのがザガーロ(デュタステリド)です。

しかしながら現代医学の観点からすると、プロペシア(フィナステリド)とザガーロ(デュタステリド)の男性における男性型脱毛症(AGA)の進行遅延(抜け毛の予防や薄毛の進行抑制)は同程度と考えておくことが良いでしょう。

育毛メソセラピー

AGA治療の分野においても、この最先端の医療分野が成長因子(グロースファクター)を頭皮に注入して発毛を促すという目的で活用され始めています。
治療の方法としは、注射や医療機器を利用して成長因子(グロースファクター)を含んだカクテル(薬剤)を頭皮に直接注入する治療法です。

育毛剤の様に頭皮の表面に薬を散布して皮膚を介して毛乳頭細胞を刺激する方法とは異なり、頭皮と真皮の間に直接薬を注入することが出来る治療になる為、非常に高い薬剤の吸収率が期待できる治療方法です。
なお、成長因子(グロースファクター)を注入する方法は各クリニックに特色があり、大きく分けて3種類あります。

注射針を用いる育毛メソセラピー
医師が注射針を使って頭皮と真皮の間に成長因子(グロースファクター)を注入していきます。注射針で頭皮を何十回も刺す施術になる為、腕や経験が豊富な医師が行えば痛みを感じることはありません。

腕や経験の無い医師が注射針を用いて育毛メソセラピーをすると、頭皮の真皮まで注射針が深く刺さってしまうことで出血をしたり、かなり痛みを感じるケースがあります。その為痛みに弱い方は、注射針を利用して育毛メソセラピーを行う病院をあまりおすすめしません。ただ、クリニックによっては不要な痛みを避ける為に、頭部に部分麻酔を併用する場合もあるようです。

メドジェットを用いる育毛メソセラピー
0.06mmという極めて細い針が付いているメドジェットという機器を用いて、炭酸ガスの噴射を利用して30ミクロンの水流と成長因子(グロースファクター)を一瞬の間に細胞間に浸透させる方法です。

ガス銃で頭皮に薬を打ち込むといった方がイメージし易いかもしれません。なお、一部のHPではメドジェットに痛みが無い様に記載があるケースがありますが、実際に経験した体験談をお話しさせて頂くと「棒で叩かれた様な鈍痛」があります。

ダーマローターを用いる育毛メソセラピー
頭皮に電気を流して細胞間に隙間を作り、そこにローラーで成長因子(グロースファクター)を塗り込んでいく方法です。

この手法に関しては痛みは一切ありません。違和感があるとすれば多少電気のしびれを感じる程度です。その為、痛みや出血に弱い人はこのダーマローターを利用した育毛メソセラピーをおススメします。ただ、注射針やメドジェットの様に、頭皮細胞に直接針を入れて薬剤を打ち込む訳ではないので、薬剤の吸収率に関しては他の2つの手法と比べると若干下がることが考えられます。

成長因子(グロースファクター)の発毛効果とは

日本皮膚科学会によって策定された「男性型脱毛症診療ガイドライン」において、成長因子(グロースファクター)を使用したAGA治療は「行わないほうがよいというC2判定」が下されています。しかしながら、この判定において発毛効果に対して低い判定が下されたのではなく、「有効のエビデンスがない」といった臨床試験や安全性のエビデンスが不十分である状況に対しての判定であることは理解をしておく必要があります。

毛誘導能をもつ間葉系細胞の直接移植、あるいはその分泌物を含む培養上清からの生成物などを脱毛症の罹患部に注入し発毛促進効果を期待する治療が試みられようとしている。なかでも脂肪組織由来幹細胞の培養上清由来物質、あるいは platelet rich plasma(PRP)の発毛促進効果について、ランダム化比較試験、症例集積研究が実施されている。しかし、これらの臨床試験の多くは、限られた施設における、倫理委員会の承認を必要とする先進医療の段階にあり、安全性なども含め、その有効性は決して十分に検証されているとはいえない。
以上から成長因子導入・細胞移植療法は今後が期待される治療法ではあるものの、「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」などの法規に則って施術する必要のあるものも多く、現時点では広く一般に実施できるとは言い難いため、行わない方がよいことにする。

男性型脱毛症診療ガイドライン

その上で、毛母細胞で細胞増殖因子が分裂することで新しい髪が生まれて成長していくのですが、この過程において「酸素」や「栄養」も勿論ですが「成長因子(グロースファクター)」も非常に重要な役割を果たしています。頭皮においても成長因子(グロースファクター)は毛髪細胞の増殖や毛髪を司る細胞に分化するためのシグナルの役割を担っています。

しかしこの成長因子(グロースファクター)は加齢とともに減少していきます。成長因子(グロースファクター)が不足することで髪の成長が鈍化していきます。そこで、加齢とともに減少してしまった成長因子(グロースファクター)を頭皮に直接注入することで、毛包幹細胞を活性化し、毛母細胞を刺激、新しい髪の毛の生成を促進させる治療が育毛メソセラピー(成長因子/グロースファクター)のAGA治療です。
残念ながらまだAGA治療の分野において歴史も浅く、国内での臨床数も少ない為、発毛効果や副作用においても未知の領域も多いというのが現状です。

HARG治療

HARG療法(ハーグ「Hair Re-generative theraphy(毛髪再生医療)」)とは、医療機関でのみ提供可能なメソセラピーの治療の一種です。育毛メソセラピーと同様、頭皮に薬剤をダイレクトに注入して毛周期を正常なサイクルに戻すように促します。

HARG療法は第一段階の、自覚症状が出るか出ないかの段階で治療を始めなければいけません。
完全に毛髪が失われ頭皮が固くなっている場合は、HARG®カクテルを注入しても細胞が再生しない事が多く、TypeⅡなどのように、産毛であっても存在している部位が対象となります。HARG®療法の2年間の検証では、対象となる部位に対して、変化がないということはありません。産毛から細毛、そして丈夫な毛に成長します。

日本医療毛髪再生研究会/よくある質問

ARG療法で利用される成分(成長因子)は、脂肪幹細胞を培養し、そこから取り出されたたんぱく質を濾過(ろか)した非常に安全性の高いものです。性別や年齢を問わず、またアレルギー起因物質も含まれない事が確認されています。

現在までに170施設にて3万例(うち2.1万例がHARG®療法・0.9万例がMesoSkin療法として報告)を越えるメソ注入治療が検証されていますが、1例の副作用・アレルギー報告も無い事が証明されています。世界における総数は10万例を越えています。

日本医療毛髪再生研究会/AAPE® Powderとは

国外では現在のところ数千例が臨床で使用され、国内においても2007年から臨床が開始されました。 国内においては、安全性と効果を十分に保つため、当院院長が会長を勤める日本医療毛髪再生研究会の講義を受講し、認定証を発行された医院のみが施術を行なう事が可能となっております。
HARG療法では、幹細胞から抽出した各種の成長因子を含むタンパク(AAPE)と、毛髪の成長に必要なビタミンやアミノ酸などの育毛メソカクテルをブレンドした、HARGカクテルを投与します。HARG療法には注入法またはダーマローラー法などがあり、薄毛や脱毛の状況に応じて、医師が判断して治療を行います。

植毛治療

「植毛(しょくもう)治療」は、薄毛の気になる部分の頭皮に、後頭部などから毛包ごと毛を移植することです。AGAの進行がかなり進んでしまい、頭皮の露出が激しい人や、治療期間が1年以上かかるAGA治療薬や育毛メソセラピーなどの選択肢を考えていない人にオススメの治療法です。植毛治療は専門の医療機関で手術を受ける必要があり、手術法も「人工毛植毛」と「自毛植毛」の2種類に分けられます。

自分の髪を移植「自毛植毛」
「自毛植毛」とは、自分の髪を頭皮に移植する手術です。自分の髪を移植するため、副作用がなく、薄毛を根本的なところから改善することができるという最大の効果が得られるため、この手術を選択される方が多いです。

後頭部から採取した自分の髪を移植するため拒絶反応がなく、また確実に髪の毛が増やせて、治療後は植毛した髪が定着すればメンテナンスの必要がありません。しかし一方で、施術による傷跡が残ってしまい、術後は発毛の実感まで時間がかかります。1回の手術で治せる範囲に限りがありますので、費用がかなりかかります。基本料金30万前後にプラスして、クラフト数(株数)によって前後しますが50万円~と総額100万前後と高額です。

人工毛を頭皮に埋め込み「人工毛植毛」
「人工毛植毛」とは、ポリエステルやナイロンなどの合成繊維でできた人工毛を使用します。その人口毛を植毛針という特殊な針で、頭皮に埋め込む手術です。

人工毛を埋め込むため、手術後の増毛の実感は早いのですが、異物を頭皮に埋め込むことになるので、拒絶反応といった副作用がおきる可能性があります。自毛植毛と異なり、広範囲の植毛が可能で施術時間が短く、手術後すぐに生えそろいます。一方で、定着率が悪いということもあり定期的なメンテナンスが必要になります。また人工毛の劣化による、頭皮のトラブルなどに気を付けなければなりません。

【AGA治療の下準備】頭皮の環境を整えるためにスカルプシャンプー

AGAや薄毛を気にし始めた頃、育毛剤と同じくらいスカルプシャンプーについて調べる人もいると思います。ここではスカルプシャンプーの中でも、薄毛治療や発毛治療を専門に行っている、AGA治療クリニックの医師が監修しているおススメのスカルプシャンプーを紹介していきます。
スカルプシャンプーは一般の企業や化粧品メーカー、医薬品メーカーなど多種多様の会社が発売をしています。そんなスカルプシャンプーの中でもなぜAGAクリニックの医師が監修したスカルプシャンプーを選ぶべきなのか、そしてその中でもどの様にスカルプシャンプーを比較するのかを徹底的に紹介をしていきたいと思います。

市販シャンプーとスカルプシャンプーの違い
市販のシャンプーは「髪の毛」の汚れを落とすことと、髪の毛をコーティングして綺麗且つ清潔に保つことを重視
スカルプシャンプーは「頭皮」の汚れを落とし、雑菌を除去することを重視

それぞれのシャンプーの目的が「頭皮を綺麗にするのか」「髪の毛自体を綺麗にするのか」をどちらを重点を置き、目的の主軸であるかに大きな違いがあります。なお、一般的な市販のシャンプーとスカルプシャンプーも「頭皮だけ」「髪だけ」を綺麗にする訳ではないので、併用する必要はありません。

種類 目的 主成分
市販シャンプー 髪の毛を綺麗に保つこと 界面活性剤や髪の保湿やトリートメント効果を促
オイル、シリコンなど
スカルプシャンプー 頭皮の環境を整える 頭皮に対して血行促進
育毛や発毛成分を含めた成分

シャンプーに特定の成分が配合してあることや、一定の基準を満たすことで「スカルプシャンプー」になる訳ではありません。その為、AGA治療と同じように自分自身のスカルプシャンプーの知識を高めることで、正確な商品選びや判断が必要な商品といえます。

一般的な化粧品メーカーが販売しているスカルプシャンプーは、ドラッグストアやコンビニなどの流通網で大量に販売する為に、大量生産に耐えられるようにします。その方法は入手がし易く、安価な既成成分で製造はされているケースがほとんどです。またCMや交通広告など広告費用に莫大な費用を掛ける為、化粧品と同じように商品価格に対しての商品原価は10%前後というケースもザラにあります。有名なタレントをCMや広告に起用するだけで数千万かかるので、商品にお金なんて掛けられません。
一方でAGAクリニック医師監修の商品の多くはクリニック院内で処方されている品質のものを市販化しています。

スカルプD 【Dクリニック(メンズヘルスクリニック東京)監修】

雨上がり決死隊の宮迫さんが宣伝しているスカルプDです。恐らくスカルプシャンプーに全く関心が無い人でも一度は聞いたことがあると思います。洗いあがりの強い爽快感にリピーターも多い為、シャンプーでは珍しく定期購入も可能です。また、大豆やクロレラなどの頭皮に良いとされるコダワリの成分が配合されています。また、ボトルが独特でオシャレなのも評価が高いです。

メソケアプラス 【銀座総合美容クリニック(銀クリ)監修】

頭皮に優しい石鹸基剤とアミノ酸基剤をハイブリットし、疑似皮脂膜がシャンプー後の頭皮もガード&ボリュームアップするスカルプシャンプー。頭皮の不快臭も抑制し、香料など余分な成分を無配合せずに頭皮のことだけを考えたシンプル is BESTを追求した商品。詰め替えもあってお財布に優しいくコスパもGOOD!

Dr.BALUMO(ドクターバルモ)【AGAスキンクリニック(AGAスキン)監修】

フケやかゆみ抑え、脂漏性皮膚炎対策専用のスカルプシャンプーです。しかし、現段階では残念ながら市販はしておらず、院内処方のみなので通院している患者さんだけ利用が可能な状況です。

バイタリズム 【表参道スキンクリニック(ヘアジニアス)監修】

バイタリズム

新化粧品原料の頭皮の血行を促進効果が期待されるピロミジロールを配合した初めてのスカルプシャンプーです。インターネットだけでなくドンキホーテでも購入が出来、価格も手頃な為に最近注目のスカルプシャンプーです。なおテレビでコメンテーターとして出演している友利新医師が監修しているので女性にもお勧めのスカルプシャンプーです。

グロウエールスカルプ 【銀座HSクリニックは監修】

男女問わず利用することが可能なユニセックスタイプのスカルプシャンプーです。パラベンやシリコーンなど不要な物を除外し、頭皮環境を整えることを目的とした商品です。

まとめ

東京でAGA治療をする際に、気を付けたいことやオススメのクリニックを紹介してきました。またクリニックの紹介だけではなく、AGAについても触れています。
ネットでは情報が溢れており、東京のAGAクリニックのランキングだけでも多く見かけますね。ランキングサイトはアフィリエイトサイトも多く、全てが悪いわけではありませんが、他のクリニックを悪く書いて、特定のクリニックが「断トツでいい」「鉄板」などと書いてあるサイトもあります。
当ページでお伝えしたい、東京都のAGAクリニックを選ぶにあたってのポイントをおさらいしましょう。

東京都のAGAクリニックを選ぶにあたってのポイント
  1. 通勤通学で寄り道できる範囲がベスト
  2. 内服薬+外用薬以外にも注目する
  3. 数ヶ所でAGA治療薬の価格を比較してみる
東京都のAGAクリニックを比較するポイント
  1. 嘘口コミに惑わされない
  2. 安かろう悪かろうに引っかからない
  3. 親身になってくれるかどうかを見極める

「AGAになるまでの流れ」で、AGAは早期治療が大事と言われるのは、ヘアサイクルが寿命を迎える前であれば打つ手があるからとお伝えしたように、AGAの治療は早ければ早い程出費を抑えながら改善する可能性があります。
ヘアサイクルの寿命を迎えてしまった場合、高額な「植毛治療」をオススメされることもありますので、気になり始めたときがAGAの治療開始時期です。AGAクリニックで相談し、改善するための治療を始めましょう。