» 【人気AGAクリニック医師監修】おすすめスカルプシャンプー比較ランキング

【人気AGAクリニック医師監修】おすすめスカルプシャンプー比較ランキング

AGA治療クリニック医師監修のおすすめスカルプシャンプー比較ランキング
このページでは薄毛治療や発毛治療を専門に行っているAGA治療クリニックの医師が監修しているおススメのスカルプシャンプーを比較してランキング形式で紹介していきます。現在スカルプシャンプーは一般の企業や化粧品メーカー、医薬品メーカーなど多種多様の会社が発売をしています。そんなスカルプシャンプーの中でもなぜAGAクリニックの医師が監修したスカルプシャンプーを選ぶべきなのか、そしてその中でもどの様にスカルプシャンプーを比較するのかを徹底的に紹介をしていきたいと思います。

スカルプシャンプーと市販のシャンプーの違いとは

頭皮
まずスカルプシャンプーを比較して選んでいくためには、スカルプシャンプーが何なのか、そして市販の商品とは何か違うのかを明確に把握しておくことが重要です。まずはそこから説明をしていきたいと思います。

スカルプシャンプーの名前にもあるスカルプ(scalp)という英語には「爪」と「頭皮」という日本語の意味がありますが、スカルプシャンプーの場合には、「頭皮」という意味でつかわれることは一般的です。その為、スカルプシャンプーを直訳すると「頭皮シャンプー」という意味になります。

10年前は「スカルプシャンプー」といっても全く認知が無い言葉でしたが、今や日本では薄毛やAGAに悩む男性は全国で約1,260万人以上を記録し年々増加の一途をたどっています。また、ストレス社会など様々な影響で女性でも薄毛(FAGA)に悩む人が急増しており、手軽に抜け毛対策を始められるスカルプシャンプーの需要は急速に拡大傾向にあります。そして特に近年ではスカルプDを代表とするスカルプシャンプーブランドがCMや広告をするようになり「スカルプシャンプー」という言葉自体も一般的に認知され始めているといえるでしょう。

しかしながら、実際に「スカルプシャンプーって普通のシャンプーと何が違うの?」と聞かれても答えられる人は本当に一握りです。まずは、スーパーなどで販売している一般的な市販のシャンプーとスカルプシャンプーの違いを把握していきましょう。

一般的な市販のシャンプーとスカルプシャンプーとの違いは大きく3つの比較ポイントがあります。

 

比較ポイント1:シャンプーの目的の違い

市販のシャンプーの目的は「髪の毛」の汚れを落としたり、髪の毛そのものをコーティングして綺麗に、そして清潔に保つことを重視して作られた商品です。一方でスカルプシャンプーは頭皮の汚れを落として雑菌を除去することを重視して作られたシャンプーであることから、それぞれのシャンプーの目的が「頭皮を綺麗にするのか」「髪の毛自体を綺麗にするのか」をどちらを重点を置き、目的の主軸であるかに大きな違いがあります。なお、一般的な市販のシャンプーとスカルプシャンプーも「頭皮だけ」「髪だけ」を綺麗にする訳ではないので、併用する必要はありません。

 

比較ポイント2:シャンプーの平均市場価格の違い

一般的なシャンプーとスカルプシャンプーは価格帯が大きく異なります。一般のシャンプーであれば、スーパーやドラッグストア500MLで500円~1,000円が一般的な平均市場価格です。しかし、スカルプシャンプーは2,000円~5,000円が平均市場価格です。もちろん商品によりケースバイケースがありますが、おおよそ価格帯が約4~6倍程度と大きな開きがある事が一般的です。

 

比較ポイント3:シャンプーの配合成分の違い

一般的なシャンプーは髪のトリートメント効果に重点を置いている点から、全成分から界面活性剤などの洗浄成分を除くと髪の保湿やトリートメント効果を促すオイルやシリコンなどが主に配合されています。一方スカルプシャンプーは頭皮に対して血行を促したり、育毛や発毛成分を含めた成分を入れるなど、各社貴重な成分や原料を配合しています。またコダワリのあるスカルプシャンプーは国が定めた成分や原料を配合して一定の育毛効果を担保することで、医薬部外品にとして認定されている商品もあります。

 

スカルプシャンプー分類法とは

スカルプシャンプーであるという明確な基準や定義、区分けはありません。その為、シャンプーに何か特定の成分が入っていたり、一定の基準を満たすことで「スカルプシャンプー」になる訳でもありません。その為、AGA治療と同じように自分自身のスカルプシャンプーの知識を高めることで、正確な商品選びや判断が必要な商品といえます。

特に最近では、一般的なヘアケア用シャンプーを名前だけ「スカルプシャンプー」と名付けて販売しているブランドも増えてきているので、しっかりと自分自身でスカルプシャンプーの目的や見極めが出来ないと、意味もなく高いお金を出して頭皮のケアにならない髪の毛用シャンプーを買い続けてしまうケースもあります。

 

AGAクリニック医師監修のスカルプシャンプーを選ぶべき理由

AGAクリニック医師監修のスカルプシャンプーを選ぶべき理由
スカルプシャンプーがどんな物なのかを把握した上で、ではなぜAGAクリニックの医師が監修したスカルプシャンプーを比較して選ぶべきなのかを解説していきたいと思います。

一般的な化粧品メーカーが販売しているスカルプシャンプーは、ドラッグストアやコンビニなどの流通網で大量に販売する為に大量生産に耐えうるために入手がし易く安価な既成成分で製造はされているケースがほとんどです。また、CMや交通広告など広告費用に莫大な費用を掛ける為、化粧品と同じように商品価格に対しての商品原価は10%前後というケースもザラにあります。有名なタレントをCMや広告に起用するだけで数千万かかるので、商品にお金なんて掛けられませんよね。

一方でAGAクリニック医師監修の商品の多くはクリニック院内で処方されている品質のものを市販化しています。今やどこでも手に入るスカルプシャンプーの代名詞「スカルプD」も実は販売当初はAGAクリニックのパイオニアであるヘアメディカルグループで院内処方されていた商品でした。そんな病院と同じクオリティで品質にこだわった商品がAGAクリニックの医師が監修したスカルプシャンプーという訳です。

例えるなら

「お寿司を食べるなら、大学生の握った寿司ではなくその道の専門の寿司職人の握った寿司が食べたいですよね?」

「手術するなら、小児科の先生よりその道の専門の整形外科に手術してもらいたいですよね?」

もちは餅屋という言葉があるように「スカルプシャンプーも頭皮の専門家であるAGAクリニックの医師に任せておけば安心です。

本当に頭皮と髪のケアの事をしっかりと考え、その効果や安全性を重視してスカルプシャンプーを選ぶのであれば、スカルプシャンプーの中でも一歩抜きんでているAGA治療クリニックの医師が監修した商品をお勧めします。
 

スカルプシャンプーのAGA治療効果

スカルプシャンプーの効果とAGA治療の真実
まず、これからスカルプシャンプーの購入を検討している人で最も気になることがあると思います。それはスカルプシャンプーで「AGAの症状が改善できるのか?」「髪の毛が生える発毛効果があるのか?」という効能や効果に関して一番関心が高いのではないでしょうか?

まず、スカルプシャンプーがAGAに対して効果があるかというと「治療効果はありません。」どんな高級で貴重な成分が入っているスカルプシャンプーを使っても「AGAの症状は改善出来ません」そして「髪の毛も生えてきません」。これがスカルプシャンプーのAGA治療効果に関しての現実であり真実です。

その理由は、AGAは体内の男性ホルモンが作用して起こる体の中の物質が原因の症状なので、男性ホルモン自体に作用を及ぼさなければAGAに対して影響を及ぼすことは出来ません。その為、残念ながらシャンプーをしただけでは生えてきませんし、AGAの症状を改善するこも出来ないという訳です。AGAの仕組みを詳しく知りたい方はこちらのページを参考にしてみてください。(参考:AGAの原因と仕組み

また、日本皮膚科学会が策定している日本皮膚科学会の男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版でもスカルプシャンプーに配合されるような成分でAGA対策に有効性が検証されたものはありませんでした。

ただ、そうすると「スカルプシャンプーなんて値段が高いだけで意味がないじゃん。」「安いシャンプーがコスパが最強」と思う人も多いと思いますが、決してそうではありません。

しっかりとスカルプシャンプーに求めるべき効果を理解することで、直ぐに使用をやめてしまったり、買うべき商品を誤ってしまう可能性がありますので、そうならない為にも求めるべき効果をしっかりと把握しておくことが重要です。

 

スカルプシャンプーに求めるべき正しい効果

スカルプシャンプーの効果
スカルプシャンプーに求めるべき効果は下記の2点です。是非覚えておいてください。

1:髪をしっかりと太く健康に育てる育毛効果
2:髪が育つ土壌である地肌を健康に保つ効果

この2点がスカルプシャンプーに求めるべき現実的かつ正しい効果です。これが何を意味するかと言うと、AGA治療や薄毛対策をする前段階である「健康的な髪を健全な頭皮からしっかり生やす状態を整える」という事です。これが何故重要かというと、仮にAGAクリニックに通院しいて様々なAGAの治療薬を飲んだり、高価な成長因子治療(AGAメソセラピー)を実施していても、そもそも髪を育てる土台となる頭皮が雑菌まみれになり過剰な皮脂にまみれていると、本来発揮すべきAGA治療効果を出すことが出来なくなるからです。

これは植物を育てる事に非常に似ていて、いくら高価な肥料や水、最適な環境を用意しても土壌が腐っていると植物が育つことはありません。すなわち、土壌となる頭皮が不健康に陥っている限り、いくえら様々なAGA治療を行ってもその発毛効果をしっかりと結果として享受することが難しくなるのです。

スカルプシャンプーの効果とはAGA治療するの準備であり、しっかりと頭皮の雑菌や皮脂を取り除き、健康な髪の毛を育む頭皮という土台作りといえます。

その為、スカルプシャンプー単独で利用をしても基本的に目に見える効果はありません。しかし、AGA治療のサポートとして考えると、その効果を引き上げるポテンシャツのある非常に優秀なサポート的な存在であることが分かります。
 

頭皮の脂と菌とスカルプシャンプーの関係

スカルプシャンプーへの誤解
スカルプシャンプーの目的が頭皮を綺麗にするものだから「頭皮の雑菌や皮脂は頭皮の敵」「頭皮の脂が抜け毛の原因だから全て根こそぎ取ろう」と理解してしまう事はとても危険な誤りです。というのも頭皮の脂や一部の菌は実は人間にはなくてはならない存在であり、全て除去をすることで頭皮の環境が一気に悪化するリスクを抱えている事実があります。

要はスカルプシャンプーで頭皮環境を整えるはずが、スカルプシャンプーを使うことで頭皮環境が更に悪化して負のスパイラルに陥る可能性があるという事です。具体的に頭皮の菌や脂の役割や、いかに人にとって重要なのかを紹介していきます。
 

頭皮の菌

頭皮には正常な状態でも皮膚常在菌といって数百種類以上の菌が生息しており、代表的なものに「表皮ブドウ球菌」「アクネ菌」などがあります。これらの皮膚常在菌が分泌するリパーゼという酵素から脂肪酸を作ることで、頭皮の乾燥を防ぎ、保湿することで正常な弱酸性を保っています。これが頭皮本来の健康な姿です。しかし洗浄力が強いスカルプシャンプーでこの菌を全て除去してしまうと、脂肪酸の生産量が激減し頭皮を保湿できなくなり、肌が急速に乾燥することで頭皮が荒れる可能性が飛躍的に高まります。
 

頭皮の脂

まず大前提として頭皮の脂で髪の毛が抜けたりAGAになることは絶対にありません(AGAとは?仕組みと原因はこちら)。その上で、頭皮の脂は皮膚をコーティングして紫外線や乾燥から、肌を守っているので、これらをスカルプシャンプーで全て取り除くと、頭皮に紫外線のダメージをもろに受けてしまいますし、乾燥からも頭皮を守れなくなります。また皮膚常在菌の餌にもなるので、脂は減ると菌も減ってしまいます。
 

ホメオスタシス(恒常性)

間違った知識で「頭皮の菌」「頭皮の脂」を除去する殺菌作用と脂の除去作用が強いスカルプシャンプーを使った場合、ただ菌や脂が無くなるだけでなく、更に悪いことに、人間にはホメオスタシス(恒常性)という機能が備わっています。これは、暑くなったら体は汗をかき体温を下げようとするように体の状態を元に戻そうとするメカニズムです。

その為、頭皮から皮脂がなくなると、皮脂を元の状態にもどそうと過剰に皮脂を分泌してしまい、スカルプシャンプーを使ったことで使う以前よりも更に頭皮が脂っぽくなってしまうという悪循環に発展する場合もあります。単純に高い殺菌作用や洗浄力が強く頭皮の脂の除去能力が高いスカルプシャンプーを選んでしまうと失敗してしまいます。

あくまで脂や菌が増え過ぎない様に適度に除菌、除去するスカルプシャンプーが最も頭皮にとって健康であることが分かりますね。

 

スカルプシャンプーの比較方法と選び方

スカルプシャンプーの比較方法と選び方
ここからは実際に商品を選ぶ為のスカルプシャンプーの比較方法に関して3つのポイントに分けて紹介していきます。

1:シャンプーの洗浄成分(界面活性剤)を比較して選ぶ

→アミノ酸シャンプーか石鹸シャンプーを比較して選びましょう。

この理由を説明する為に、まずシャンプーには大きく分けて3種類の洗浄成分(界面活性剤)で製造されていますので、それぞれの特徴を説明していきます。

アミノ酸シャンプー

洗浄成分(界面活性剤)にアミノ酸系の成分を使用しているシャンプーです。アミノ酸とは数千個が結合することでタンパク質を構成している成分です。人は皮膚や血液、筋肉など全てタンパク質で構成されており、体を構成する成分で水分の次に多い成分で人体と非常に親和性の高い成分といえます。その為、よく体に優しいシャンプーといわれています。洗浄成分名としては「ラウロイルメチルアラニンナトリウム」「ココイルグルタミン酸ナトリウム」などが代表的なアミノ酸系基剤です。洗浄力がやや」弱いことが欠点ですが、洗いあがりが非常にマイルドで髪の毛や頭皮にやさしい為、敏感肌でも安心して使える商品が多いです。

【メリット】
・刺激が低く、皮膚の弱い女性やアトピー性皮膚炎、敏感肌、乾燥肌に最適。
・適度な洗浄力があり、頭皮の皮脂を過剰に落とさない。
・弱酸性なので、髪がごわつくことが無くしっとりまとまる。

【デメリット】
・洗浄力があまり強くないので、脂性肌や整髪料などを付けていると汚れや脂を落としきれない場合がある。
・保湿効果が高く髪がしっとりする為、髪を乾燥した後にボリューム感が出ない。
・洗浄成分(界面活性剤)の値段が高く、それに伴い商品の価格も高い。

石鹸シャンプー

洗浄成分名としては「脂肪酸Na」や「カリ石鹸素地」などが代表的な石鹸系基剤です。その歴史は非常に長く最も古くから使用されてきた洗浄成分といえます。洗浄力が強いながら低刺激で頭皮を洗えるので安心して利用できます。また、水で洗い流すと洗浄成分が皮膚にほとんど残らないという特性から肌への刺激が低く、アトピー性皮膚炎やその可能性がある人は、石鹸で体や頭を洗うことを医師に勧められるケースが非常に多いようです。ただ、洗浄成分が強アルカリ性の為、髪を洗った後に髪のキューティクルが開いてしまい、髪の毛同士が摩擦を起こしてキシむ傾向があるので、髪の長い方が使う場合にはトリートメントやリンスなどを併用する必要性があります。

【メリット】
・高い洗浄力と脱脂力でしっかりと洗浄できる。
・キューティクルが開くので髪のボリューム感が得られる。
・石鹸は自然分解されるので、環境に対して非常に優しい。
・殺菌力が強くアトピー性皮膚炎患者に積極的に利用されている。

【デメリット】
・洗浄力と脱脂力が高く、洗浄後に肌が突っ張る。
・アルカリ性でキューティクルが開き、髪がごわつく。

高級アルコール系シャンプー

「高級」とは高価や高級という意味ではなく、分子中の炭素(C)の数が多い化学構造のことを表現しています。なお、石油を原料としたシャンプーは基本的に「高級系アルコールシャンプー」と呼ばれ、日本で最も多くシャンプーがで使用されている界面活性剤です。その理由として工場で安価に大量生産できる洗浄成分だからです。スーパーやドラッグストアで安く売られているシャンプーは全てこの洗浄成分が含まれているといっても過言ではないはずです。なお、洗浄成分名としては「ラウレス硫酸Na」「ラウレス-2硫酸アンモニウム」が代表的な高級アルコール系基剤です。脱脂力や洗浄力が非常に強く、いわゆる食器洗浄機用洗浄剤と同じ成分です。頭皮の脂や雑菌などの汚れを除去しすぎてしまうので、 頭皮の紫外線のダメージや、頭皮の水分が失われてしまう為、頭皮のことを考えるのであればあまり使いたくない成分といえます。

【メリット】
・安い値段でシャンプーが手に入る。
・安定して泡立ちが良い。
・高い洗浄力と脱脂力でしっかりと洗浄できる。

【デメリット】
・刺激が非常に強く、頭皮に悪影響を及ぼす可能性がある。
・洗浄力と脱脂力が強すぎて、本来必要な脂も除去してしまう

上記の3種類の洗浄成分(界面活性剤)の特徴やメリット・デメリットを考えた場合、頭皮の事をかんがえるのであれば「高級アルコール系シャンプー」を避けて「石鹸シャンプー」や「アミノ酸シャンプー」のタイプのスカルプシャンプーを選ぶことは必然といえます。

 

2:誇大広告をしないメーカーのスカルプシャンプーを比較して選ぶ

→「髪が生える」「発毛する」「抜け毛の原因の皮脂を落とす」などの誇大広告や耳障りの良いキャッチコピーを使うメーカーのスカルプシャンプーは避けて、現実的な効果を語るスカルプシャンプーを比較して選びましょう。

一般消費者に対して分かりやすい「髪が生える」「発毛する」「抜け毛の原因の皮脂を落とす」などの耳障りの良い分かりやすいキャッチコピーを使うことで商品が売れるので、今までに安易に誇大広告を打ち出すスカルプシャンプーメーカーが沢山ありました。しかし、商品を売るために平然と嘘や誇大広告を前面に出してくる不誠実なメーカーの商品を使いたいでしょうか?そういったメーカーが本当に良い商品、安全な商品を開発してくれるでしょうか?

答えはシンプルでそんな事はないですよね。利益最優先の企業が薬害などを起こした事件は今まで沢山あり、その歴史が証明しています。また、直接では無いにしろ「CM」や「ネット広告」などで間接的にそれを匂わすのも言わずもがな危険な兆候でしょう。売られる為にでは無く、ユーザーの為を考えられた嘘の無いスカルプシャンプーを選びましょう。

 

3:メーカーの信頼性や安全性を比較して選ぶ

→医薬品メーカーかAGAクリニックの医師の監修が付いている商品を比較して選びましょう。

ここ数年でスカルプDが爆発的な人気を誇ったことにより、様々なメーカーがスカルプDの2匹目のドジョウを我先に狙うことになった為、技術や安全性そして効果の裏打ちがなく個人がやっている様なメーカーからも多数のスカルプシャンプーが発売されました。そして「解約したくても電話番号が分からない」「会社の所在地が不明」「メールで問い合わせても返信がない」などといったトラブルが散見するようになりました。最もひどいケースは6カ月間の定期購入したにも関わらず3カ月目には会社のHPが無くなり商品も送られて来なくなったというケースもあるようです。

その為、重要な比較ポイントとして、昔からシャンプーを販売している老舗メーカーやブランド、または名前や所属病院の記載のある医師が監修したスカルプシャンプーを選ぶことをおススメします。それ以外のメーカーからスカルプシャンプーを選ぶのであれば、最低限「会社の住所」「代表者名」「電話の問い合わせ先」などがあることを事前に確認してから購入しましょう。

特にスカルプシャンプーは肌に毎日つけるものなので、スカルプシャンプーの商品の安全性も去ることながら、販売しているメーカーの信頼性も同じ位重要といえます。

 

AGA治療クリニック医師監修のおすすめスカルプシャンプー比較ランキング

AGA治療クリニック医師監修のおすすめスカルプシャンプー比較ランキング
本サイトで紹介をしているAGAクリニックランキングで掲載されているクリニック別に、そのAGA治療クリニックの医師が監修しているスカルプシャンプーを比較してランキング形式で紹介していきたいと思います。AGA治療の効果をより高める為に、日々スカルプシャンプーで頭皮ケアをしながら、健康な頭皮と髪の毛を手に入れましょう。

AGA治療クリニック医師監修のおすすめスカルプシャンプー比較ランキング1位
銀座総合美容クリニック(銀クリ)監修のメソケアプラス
メソケアプラス 商品画像
疑似皮脂膜がシャンプー後の頭皮をガード&ボリュームアップ
おすすめスカルプシャンプー比較ランキング1位は銀座総合美容クリニック(銀クリ)監修したメソケアプラスです。頭皮に優しい石鹸基剤とアミノ酸基剤をハイブリットし、疑似皮脂膜がシャンプー後の頭皮もガード&ボリュームアップするスカルプシャンプー。頭皮の不快臭も抑制し、香料など余分な成分を無配合せずに頭皮のことだけを考えたシンプル is BESTを追求した商品。詰め替えもあってお財布に優しいくコスパもGOOD!
価格
3,586円(税込)
容量
370mL
1mlあたりの価格
9.69円/ml
分類
ハイブリットタイプ(石鹸基剤+アミノ酸基剤)
監修医
購入場所
院内処方、公式サイト
詰替え有無
有(2,808円(税込))
成分一覧
サリチル酸、グリチルリチン酸ジカリウム、精製水、濃グリセリン、塩化O‐[2‐ヒドロキシ‐3‐(トリメチルアンモニオ)プロピル]ヒドロキシエチルセルロース、DL‐ピロリドンカルボン酸ナトリウム液、L‐ピロリドンカルボン酸、水酸化ナトリウム、N‐ヤシ油脂肪酸アシル‐L‐グルタミン酸トリエタノールアミン液、N‐ヤシ油脂肪酸アシル‐L‐グルタミン酸カリウム、N‐ヤシ油脂肪酸アシル‐L‐グルタミン酸ナトリウム、2‐アルキル‐N‐カルボキシメチル‐N‐ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタイン、カリウム石けん用素地、ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド、フェノキシエタノール、l‐メントール
AGA治療クリニック医師監修のおすすめスカルプシャンプー比較ランキング2位
メンズヘルスクリニック東京(ヘアメディカル)監修のスカルプD
スカルプD 商品画像
スカルプシャンプー売り上げNo.1のスカルプDシリーズ
おすすめスカルプシャンプー比較ランキング2位はメンズヘルスクリニック東京(ヘアメディカル)監修した圧倒的知名度と人気のあるスカルプDです。雨上がり決死隊の宮迫さんが宣伝しているスカルプDです。恐らくスカルプシャンプーに全く無い人でも一度は聞いたことがあると思います。洗いあがりの強い爽快感にリピーターも多い為、シャンプーでは珍しく定期購入も可能です。また、大豆やクロレラなどの頭皮に良いとされるコダワリの成分が配合されています。また、ボトルが独特でオシャレなのも評価が高いです。

価格
3,900円(税込)
容量
350mL
1mlあたりの価格
11.14円/ml
分類
アミノ酸シャンプー
監修医
購入場所
院内処方、公式サイト、AMAZON、楽天、店舗
詰替え有無
成分一覧
ピロクトンオラミン、グリチルリチン酸2K、サリチル酸豆乳発酵液、脂肪酸(12,14)アシルアスパラギン酸Na液、ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド、ヤシ油脂肪酸加分解ケラチンK液、ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液、ラウリン酸アミドプロピルベタイン液、ラウリン酸アミドプロピルジメチルアミンオキシド液、モノラウリン酸ポリグリセリル、N‐ヤシ油脂肪酸アシル‐L‐アルギニンエチル・DL‐ピロリドンカルボン酸塩、グリセリル‐N‐(2‐メタクリロイルオキシエチル)カルバメート・メタクリル酸ステアリル共重合体、ヤシ油脂肪酸N‐メチルエタノールアミド、ヤシ油脂肪酸メチルタウリンNa、ラウロイルメチル‐β‐アラニンNa液、ヒドロキシエタンジホスホン酸液、シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液、ニンジンエキス、バンジロウ葉エキス、ホウセンカエキス、イリス根エキス、チンピエキス、1,2‐ペンタンジオール、ローヤルゼリー発酵液、ユニトリエノールT‐27、N‐オクタノイルグリシン、フィトスフィンゴシン、党参抽出物加水分解液、シモツケソウエキス、セイヨウニワトコエキス、水添大豆リン脂質、クリサンテルムインディクム抽出液、酵母エキス‐3、コレステロール、ソルビトール液、ヒアルロン酸Na‐2、水溶性コラーゲン液、ビタミンE、ユーカリ油、ハッカ油、オレンジ油、スペアミント油、BG、グリセリンエチルヘキシルエーテル、濃グリセリン、塩化Na、エタノール、無水エタノール、粘度調整剤、pH調整剤
AGA治療クリニック医師監修のおすすめスカルプシャンプー比較ランキング3位
AGAスキンクリニック監修のDr.BALUMO(ドクターバルモ)
Dr.BALUMO(ドクターバルモ) 商品画像
ケトコナゾール配合の院内処方専用シャンプー
おすすめスカルプシャンプー比較ランキング3位はAGAスキンクリニック監修のDr.BALUMO(ドクターバルモ)です。フケやかゆみ抑え、脂漏性皮膚炎対策専用のスカルプシャンプーです。しかし、現段階では残念ながら市販はしておらず、院内処方のみなので通院している患者さんだけ利用が可能な状況です。
価格
2,800円(税込)
容量
100mL
1mlあたりの価格
28.00円/ml
分類
不明
監修医
AGAスキンクリニック 院長 麻生泰医師
購入場所
院内処方
詰替え有無
成分一覧
不明
AGA治療クリニック医師監修のおすすめスカルプシャンプー比較ランキング4位
湘南美容クリニック(SBC)は該当スカルプシャンプー無し
湘南美容クリニック(SBC) スカルプシャンプー
該当スカルプシャンプー無し
湘南美容クリニック(SBC)の医師が監修するスカルプシャンプーは現在無いようです。
価格
該当無し
容量
該当無し
1mlあたりの価格
該当無し
分類
該当無し
監修医
該当無し
購入場所
該当無し
詰替え有無
該当無し
成分一覧
該当無し
AGA治療クリニック医師監修のおすすめスカルプシャンプー比較ランキング5位
表参道スキンクリニック(ヘアジニアス)監修のバイタリズム
バイタリズム 商品画像
ピロミジロール配合のスカルプシャンプー
おすすめスカルプシャンプー比較ランキング5位は表参道スキンクリニック(ヘアジニアス)監修のバイタリズムです。新化粧品原料の頭皮の血行を促進効果が期待されるピロミジロールを配合した初めてのスカルプシャンプーです。インターネットだけでなくドンキホーテでも購入が出来、価格も手頃な為に最近注目のスカルプシャンプーです。なおテレビでコメンテーターとして出演している友利新医師が監修しているので女性にもお勧めのスカルプシャンプーです。
価格
3,960円(税込)
容量
350mL
1mlあたりの価格
11.31円
分類
アミノ酸シャンプー
監修医
購入場所
院内処方、公式サイト、ドンキホーテ、AMAZON、楽天
詰替え有無
成分一覧
水、ココイルグルタミン酸2Na、コカミドプロピルベタイン、コカミドDEA、デシルグルコシド、グリセリン、スルホコハク酸(C12-14)パレス-2Na、アルガニアスピノサ芽細胞エキス、ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド、ピロクトンオラミン、サッカロミセス溶解質エキス、キハダ樹皮エキス、アルゲエキス、水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲン、アロエベラ葉エキス、モモ葉エキス、トウキ根エキス、センキュウエキス、ショウガ根エキス、クララエキス、オタネニンジンエキス、カンゾウ根エキス、アラニン、リシン、アルギニン、トレオニン、プロリン、セリン、グリシン、グルタミン酸、ポリクオタニウム-10、ジステアリン酸PEG-150、トリイソステアリン酸PEG-120メチルグルコース、ジステアリン酸グリコール、グリコール、ラウレス-6カルボン酸、ラウリミノジプロピオン酸Na、ラウレス-5、レシチン、イソマルト、エタノール、ベタイン、BG、PCA-Na、ソルビトール、クエン酸、ペンテト酸5Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン、ハッカ油、メントール、香料
AGA治療クリニック医師監修のおすすめスカルプシャンプー比較ランキング6位
銀座HSクリニックは監修のグロウエールスカルプ
グロウエールスカルプ 商品画像
コンディショナー不要のスカルプシャンプー
おすすめスカルプシャンプー比較ランキング6位は銀座HSクリニック 元院長 北嶋渉医師が監修したリンスインタイプのスカルプシャンプーです。男女問わず利用することが可能なユニセックスタイプのスカルプシャンプーです。パラベンやシリコーンなど不要な物を除外し、頭皮環境を整えることを目的とした商品です。
価格
3,996円(税込)
容量
300mL
1mlあたりの価格
13.32円
分類
アミノ酸シャンプー
監修医
銀座HSクリニック 元院長 北嶋渉医師
購入場所
院内処方、公式サイト
詰替え有無
成分一覧
水、コカミドプロプルベタイン、ココイルグルタミン酸2Na、トリイソステアリン酸PEG-120メチルグルコース、コミカドメチルMEA、ラウロイルアスパラギン酸Na、セバシン酸ジエチル、メチルグルセス-20、グリセリン、ココイルトレオニンNA、ラウリン酸ポリグリセリル-10 カンゾウ根エキス、PPG-3カプリリルエーテル、ポリクオタニウム-6、ポリクオタニウム-53、y-ドコサラクトン、サガラメエキスBG、グルコシルルチン、グルコシルヘスペリジン、レモン果実水、フェノキシエタノール、ポリアミノプロピルグアニド、安息香酸Na、クエン酸、セージ葉エキス、ローズマリー葉エキス、キュリ果実エキス、タチジャコウソウ花、ラベンダー花エキス、セイヨウサンザシ果実エキス、アルテア根エキス、カミツレエキス、ゴボウ根エキス、トウキンセンカエキス、ハッカ油、ラバンヂュラハイブリダ油、テレビン油、ユーカリ葉油、アトラスシーダ樹皮油、セイヨウハッカ油/div>

PICK UP ! 注目AGAアイテム

メソセラポス スカルプリキッド
AGAクリニックの成長因子施術(育毛メソセラピー)を格安で毎日自宅で使える育毛セルフケア商品が登場【1回あたり122円】

AGA治療クリニックランキング

AGA治療クリニックランキング

AGAクリニックの監修アイテム

AGA病院監修のスカルプシャンプーランキング

人気AGA病院の総合ランキング
【1位】銀座総合美容クリニック(銀クリ)
銀座総合美容クリニック(銀クリ) 公式サイト画像
「治療費用が良心的」「発毛効果」「親切丁寧な接客」が揃ったAGA治療の人気病院。どこに行くか悩んでいる人は、まずここから足を運んでみては?テレビCMも放映している人気急上昇のAGAクリニック。
【2位】メンズヘルスクリニック東京(ヘアメディカル)
メンズヘルスクリニック東京(城西クリニック) 公式サイト画像
発毛・薄毛治療のパイオニアのヘアメディカルグループ。歴史と臨床数には自信あり。2014年に新宿からの移転の際にクリニック名を「城西クリニック」から変更。
【3位】AGAスキンクリニック
AGAスキンクリニック 公式サイト画像
発毛実感率99.4%!東京美容外科のAGA治療を体験出来る病院です。男性に限らず女性の薄毛治療も対応可能。
【全国版】AGA病院リスト
東京で探すAGA治療病院の基本情報