» AGAクリニック医師監修の厳選スカルプシャンプー比較ランキング

AGAクリニック医師監修の厳選スカルプシャンプー比較ランキング

AGAクリニック監修のスカルプシャンプーランキング
このページではAGAクリニックの医師が監修しているスカルプシャンプーを紹介していきます。その殆どが院内処方されている品質ながら、市販でも発売されている物がありますので、AGA治療の補助として是非活用してみてください。また、未だあまりスカルプシャンプーに馴染みの無い方に向けて、スカルプシャンプーとは一体どんな物で、どの様な効果を期待するものなのか、そしてスカルプシャンプーの多種多様な商品を選ぶにあたっての比較ポイントや選び方なども順を追って説明していきたいと思います。

 

スカルプシャンプーとはどんなモノ?

頭皮
名前にもあるスカルプ(scalp)という英語には「爪」と「頭皮」という日本語の意味がありますが、スカルプシャンプーの場合には、「頭皮」という意味でつかわれることは一般的です。

その為、スカルプシャンプーは直訳すると「頭皮用シャンプー」という意味になります。

今や日本では薄毛やAGAに悩む男性は全国で約1,260万人以上を記録しています。また、ストレス社会など様々な影響で女性も薄毛(FAGA)に悩む人が急増しており、近年のスカルプシャンプー需要は急増しています。

そして、一般的なシャンプーと何か違うのかというと、「髪の毛」の汚れを落としたり、髪の毛そのものを綺麗にそして清潔に保つものが一般的なシャンプーの役割ですが、スカルプシャンプーは頭皮をの汚れや雑菌を除去するシャンプーを指します。

また、一般的なシャンプーとスカルプシャンプーは価格帯も大きく異なります。一般のシャンプーであれば、スーパーやドラッグストア500MLで500円~1,000円が一般的な平均価格ですが、スカルプシャンプーは3,000円~6,000円が平均価格なので、値段が約6倍程度になります。この理由としては、頭皮に対して血行を促したり、育毛や発毛成分を含めた成分を入れるなど、各社貴重な成分や原料を配合していることで、値段が一般のシャンプーと比べると高騰する原因の1つになります。逆をいうと、スカルプシャンプーにも関わらず、一般のシャンプーと変わらない価格であれば、成分や効果は期待したい方が良いかもしれません。

ただ、1点だけ勘違いしてほしくないのは、一般的なシャンプーであってもある程度は頭皮を綺麗にすることは出来ますし、逆にスカルプシャンプーも頭皮だけでなく、髪の毛の汚れを落とすことも勿論可能です。何が言いたいかというと、スカルプシャンプーが特殊という訳ではなく、あくまで商品が髪の毛なのか頭皮なのか、どちらの洗浄に特化しているのかを明確に表すための名前にしか過ぎないということです。

なお、特定の成分が入っている、もしくは基準を満たすことで「スカルプシャンプー」であるという明確な基準や区切りはありません。その為、一般的なヘアケア用シャンプーの成分でも「スカルプシャンプー」と名前を付けて販売しているケースも多いです。しっかりと自分自身でスカルプシャンプーの目的や見極めが出来ないと、意味もなく高いお金でシャンプーを買い続けてしまう事になってしまうので、AGA治療と同じように自分自身の知識を高めることで、正確な商品選びの判断をすることができると思います。

 

スカルプシャンプーの効果とAGA対策への効果

スカルプシャンプーのAGAへの効果
まずスカルプシャンプーの購入を検討している人で最も気になることがあると思います。それは「AGAの症状が改善できるのか?」「髪の毛が生えてくるのか?」ということだと思います。

まず、ズバット結論から答えてしまうと残念ながらどんな高級なスカルプシャンプーを使っても「AGAの症状は改善出来ません」そして「髪の毛も生えてきません」。これがスカルプシャンプーの現実です。

AGAは男性ホルモンが作用して起こる体の中の物質が原因の症状なので、残念ながらシャンプーをしただけでは生えてきませんし、症状を改善するこも出来ないという訳です。風邪は湿布や塗り薬で治さないですよね。

ただ、そうすると「スカルプシャンプーなんて意味ないじゃん。。。」と思う人も多いと思いますが、決してそうではありません。

しっかりとスカルプシャンプーに求めるべき効果を理解しないと直ぐに使用をやめてしまったり、買うべき商品を誤ってしまう可能性がありますので、そうならない為にも下記で求めるべき効果を把握していきましょう。

 

スカルプシャンプーに求めるべき正しい効果

スカルプシャンプーの効果
スカルプシャンプーに求めるべき効果は下記の2点です。是非覚えておいてください。

・髪をしっかりと太く健康に育てる育毛
・髪が育つ土壌である地肌を健康に保つこと

この2点がスカルプシャンプーに求めるべき現実的な効果といえます。頭皮が雑菌まみれや、過剰な皮脂にまみれていると頭皮が不健康な状態に陥り、そうすると頭皮の毛根で髪の毛をしっかりと育てることが出来ないのでコシのない弱々しい髪の毛が生えてきてしまいます。

その為、スカルプシャンプーでしっかりと頭皮の雑菌や皮脂を取り除くことで、健康な頭皮から健康な髪の毛を育むことができるのです。

 

スカルプシャンプーへの誤解や都市伝説

スカルプシャンプーへの誤解
ただ、スカルプシャンプーの効果を単純に理解してしまうと「じゃあスカルプシャンプーでしっかりと頭皮の雑菌や皮脂を取り除くのがいいんだ!」「CMでも頭皮の脂が抜け毛の原因だから根こそぎ取ろう」

もし、こう思っているのであれば大きな誤りなので、注意が必要です。

頭皮には正常な状態でも皮膚常在菌といって数百種類以上の菌が生息しており、皮膚常在菌が分泌するリパーゼという酵素から脂肪酸を作り、頭皮を保湿して正常な弱酸性を保ちます。その為、この菌を全てシャンプーで除菌してしまうと、頭皮を保湿できなくなり、乾燥して頭皮が荒れてしまいます。

また、頭皮の脂も皮膚をコーティングして紫外線や乾燥から、肌を守っているので、これらをスカルプシャンプーで全て取り除くと、頭皮に紫外線のダメージをもろに受けてしまいますし、乾燥からも頭皮を守れなくなります。

なので、単純に高い殺菌作用や脂の除去能力が高いスカルプシャンプーを選んでしまうと失敗します。

結論、皮脂も菌も全て取りきることなく適度な状態に保ち、スカルプシャンプーで頭皮を洗った後に、最も頭皮が健康な状態にすることができる商品が選ぶべきスカルプシャンプーといえるでしょう。

 

スカルプシャンプーの比較方法と選び方

スカルプシャンプーの比較方法と選び方
スカルプシャンプーの選び方と比較方法に関して3つのポイントに分けて紹介していきます。

①シャンプーの洗浄基剤で比較して選ぶ

→アミノ酸系シャンプーか石鹸シャンプーを選ぶ

シャンプーには大きく分けて3種類の洗浄基剤(成分)で製造されています。それぞれの特徴を紹介していきたいと思います。

アミノ酸シャンプー

洗浄成分(界面活性剤)にアミノ酸系の成分を使用しているシャンプーです。アミノ酸とは数千個が結合することでタンパク質を構成している成分です。人は皮膚や血液、筋肉など全てタンパク質で構成されており、体を構成する成分で水分の次に多い成分です。その為、体の成分に近い為、よく体に優しいシャンプーといわれています。洗浄基剤は「ラウロイルメチルアラニンナトリウム」「ココイルグルタミン酸ナトリウム」などが代表的なアミノ酸系基剤です。洗浄力がやや」弱いことが欠点ですが、洗いあがりが非常にマイルドで髪の毛や頭皮にやさしい為、敏感肌でも安心して使える商品が多いです。

<メリット>
・刺激が低く、皮膚の弱い女性やアトピー性皮膚炎、敏感肌、乾燥肌に最適。
・適度な洗浄力があり、頭皮の皮脂を過剰に落とさない。
・弱酸性なので、髪がしっとりまとまる。

<デメリット>
・洗浄力が弱く、整髪料などを付けていると落としきれない可能性がある。
・髪がしっとりするので、乾燥後に髪のボリュームが出ない。

石鹸シャンプー

基剤は「脂肪酸Na」や「カリ石鹸素地」などが代表的な石鹸系基剤です。その歴史は非常に長く洗浄力が強いながら低刺激で頭皮を洗えるので安心して利用できます。また、洗浄剤が皮膚に残らず刺激が低い為、アトピー性皮膚炎やその可能性がある人は、石鹸で体や頭を洗うことを医師に勧められるケースが非常に多いようです。ただ、基剤がアルカリ性の為、キューティクルが開くことで、髪がキシむ傾向があるので髪の長い方が使う場合にはトリートメントやリンスなどが必要になる場合があります。

<メリット>
・高い洗浄力と脱脂力でしっかりと洗浄できる。
・洗い上がりがスッキリして、爽快感を得ることが出来る。
・石鹸は自然分解されるので、環境に優しい。
・殺菌力が強くアトピー性皮膚炎患者に積極的に利用されている。

<デメリット>
・洗浄力と脱脂力が高く、洗浄後に肌が突っ張る。
・アルカリ性でキューティクルが開き、髪がごわつく。

高級アルコール系シャンプー

「高級」とは上等や価値が高い意味では無く、分子中の炭素(C)の数が多いことを表現しています。なお、石油を原料としたシャンプーは基本的に「高級系アルコールシャンプー」と呼ばれ、日本で最も出回っているシャンプーが多い種類です。特徴は安価に大量生産するシャンプーに向いており、スーパーやドラッグストアで安価に売られているシャンプーは全てこの分類です。基剤は「ラウレス硫酸Na」「ラウレス-2硫酸アンモニウム」が代表的な高級アルコール系基剤です。脱脂力や洗浄力が非常に強く、いわゆる食器洗浄機用洗浄剤をイメージしてもらうと良いかもしれません。頭皮の脂や雑菌などの汚れを除去しすぎてしまうので、 頭皮の紫外線のダメージや、頭皮の水分が失われてしまいます。

また、頭皮も皮脂が一気に失われると自らで元の状態に戻ろうとするため、洗髪後に過剰に皮脂が分泌さて、髪を洗った後に、洗う前より皮脂が出るという悪循環に陥る可能性もでてきます。こう考えた場合に「高級アルコール系シャンプー」は極力避けて、「アミノ酸基剤」や「石鹸基剤」のスカルプシャンプーを選ぶべきという結論が出ます。

<メリット>
・安い値段でシャンプーが手に入る。
・安定して泡立ちが良い。
・高い洗浄力と脱脂力でしっかりと洗浄できる。

<デメリット>
・刺激が非常に強く、頭皮に悪影響を及ぼす可能性がある。
・洗浄力と脱脂力が強すぎて、本来必要な脂も除去してしまう

 

②誇大広告をしないメーカーのスカルプシャンプーを比較して選ぶ

→「髪が生える」「発毛する」などの誇大広告や耳障りの良いキャッチコピーを使うシャンプーは避ける

ユーザーに対して分かりやすい「髪が生える」「発毛する」などのキャッチコピーを使えば、恐らく良く商品が売れるので安易に誇大広告を打ち出すスカルプシャンプーを良く見ますが、商品を売るために平然と嘘を前面に出してくる不誠実なメーカーのスカルプシャンプーは避けた方が良いでしょう。

また、直接では無いにしろ「CM」や「ネット広告」などで間接的にそれを匂わすのも言わずもがな危険な兆候でしょう。売られる為にでは無く、ユーザーの為を考えられた嘘の無いシャンプーを選びましょう。

 

③シャンプーメーカーの信頼性や安全性を比較して選ぶ

→歴史がある会社やシャンプーメーカー、医師の監修が付いている商品を選ぶ

ここ数年でスカルプDが爆発的な人気を誇ったことにより、様々なメーカーがスカルプDの2匹目のドジョウを我先に狙うことになった為、技術や安全性、そして効果の裏打ちがなく大量製造されたスカルプシャンプーが世の中に溢れかりました。その結果、ユーザーを無視した売るためだけのスカルプシャンプーが市場で散見されるようになりました。

その為、重要な比較ポイントとして、昔からシャンプーを販売している老舗メーカーやブランド、または名前がしっかりと出ている医師が監修したスカルプシャンプーを選ぶことをおススメします。特に近年はシャンプーの販売サイトに問い合わせ窓口が無かったり、代表者が不明、オフィスの住所が私書箱などのメーカーが乱立しており、スカルプシャンプーの使用で何か皮膚にトラブルがあった際に、誰も対応してくれないという悪質なメーカーもあります。

また、医師が監修しているスカルプシャンプーであれば、その医師個人が責任をもってスカルプシャンプーの開発に携わっているので、1つの安心材料になることは間違いありません。

 

おススメAGAクリニック監修のスカルプシャンプーランキング

スカルプシャンプーランキング
AGAクリニックのランキング形式別に、そのクリニックの医師が監修しているスカルプシャンプーをランキング形式で紹介していきたいと思います。AGA治療の効果をより高める為に、日々スカルプシャンプーで頭皮ケアをしながら、健康な頭皮を手に入れましょう。

厳選スカルプシャンプー比較ランキング1位
銀座総合美容クリニック(銀クリ)はメソケアプラス
メソケアプラス 商品画像
疑似皮脂膜がシャンプー後の頭皮をガード&ボリュームアップ
頭皮に優しい石鹸基剤とアミノ酸基剤をハイブリットし、疑似皮脂膜がシャンプー後の頭皮もガード&ボリュームアップするスカルプシャンプー。頭皮の不快臭も抑制し、香料など余分な成分を無配合せずに頭皮のことだけを考えたシンプル is BESTを追求した商品。詰め替えもあってお財布に優しいくコスパもGOOD!
価格
3,586円(税込)
容量
370mL
1mlあたりの価格
9.69円/ml
分類
ハイブリットタイプ(石鹸基剤+アミノ酸基剤)
監修医
購入場所
院内処方、公式サイト
詰替え有無
有(2,808円(税込))
成分一覧
サリチル酸、グリチルリチン酸ジカリウム、精製水、濃グリセリン、塩化O‐[2‐ヒドロキシ‐3‐(トリメチルアンモニオ)プロピル]ヒドロキシエチルセルロース、DL‐ピロリドンカルボン酸ナトリウム液、L‐ピロリドンカルボン酸、水酸化ナトリウム、N‐ヤシ油脂肪酸アシル‐L‐グルタミン酸トリエタノールアミン液、N‐ヤシ油脂肪酸アシル‐L‐グルタミン酸カリウム、N‐ヤシ油脂肪酸アシル‐L‐グルタミン酸ナトリウム、2‐アルキル‐N‐カルボキシメチル‐N‐ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタイン、カリウム石けん用素地、ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド、フェノキシエタノール、l‐メントール
厳選スカルプシャンプー比較ランキング2位
メンズヘルスクリニック東京(ヘアメディカル)はスカルプD
スカルプD 商品画像
スカルプシャンプー売り上げNo.1のスカルプDシリーズ
雨上がり決死隊の宮迫さんが宣伝しているスカルプDです。恐らくスカルプシャンプーに全く無い人でも一度は聞いたことがあると思います。洗いあがりの強い爽快感にリピーターも多い為、シャンプーでは珍しく定期購入も可能です。また、大豆やクロレラなどの頭皮に良いとされるコダワリの成分が配合されています。また、ボトルが独特でオシャレなのも評価が高いです。

価格
3,900円(税込)
容量
350mL
1mlあたりの価格
11.14円/ml
分類
アミノ酸シャンプー
監修医
購入場所
院内処方、公式サイト、AMAZON、楽天、店舗
詰替え有無
成分一覧
ピロクトンオラミン、グリチルリチン酸2K、サリチル酸豆乳発酵液、脂肪酸(12,14)アシルアスパラギン酸Na液、ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド、ヤシ油脂肪酸加分解ケラチンK液、ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液、ラウリン酸アミドプロピルベタイン液、ラウリン酸アミドプロピルジメチルアミンオキシド液、モノラウリン酸ポリグリセリル、N‐ヤシ油脂肪酸アシル‐L‐アルギニンエチル・DL‐ピロリドンカルボン酸塩、グリセリル‐N‐(2‐メタクリロイルオキシエチル)カルバメート・メタクリル酸ステアリル共重合体、ヤシ油脂肪酸N‐メチルエタノールアミド、ヤシ油脂肪酸メチルタウリンNa、ラウロイルメチル‐β‐アラニンNa液、ヒドロキシエタンジホスホン酸液、シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液、ニンジンエキス、バンジロウ葉エキス、ホウセンカエキス、イリス根エキス、チンピエキス、1,2‐ペンタンジオール、ローヤルゼリー発酵液、ユニトリエノールT‐27、N‐オクタノイルグリシン、フィトスフィンゴシン、党参抽出物加水分解液、シモツケソウエキス、セイヨウニワトコエキス、水添大豆リン脂質、クリサンテルムインディクム抽出液、酵母エキス‐3、コレステロール、ソルビトール液、ヒアルロン酸Na‐2、水溶性コラーゲン液、ビタミンE、ユーカリ油、ハッカ油、オレンジ油、スペアミント油、BG、グリセリンエチルヘキシルエーテル、濃グリセリン、塩化Na、エタノール、無水エタノール、粘度調整剤、pH調整剤
厳選スカルプシャンプー比較ランキング3位
AGAスキンクリニックはDr.BALUMO(ドクターバルモ)
Dr.BALUMO(ドクターバルモ) 商品画像
ケトコナゾール配合の院内処方専用シャンプー
フケやかゆみ抑え、脂漏性皮膚炎対策専用のスカルプシャンプーです。残念ながら市販はしていない様ですので、院内処方のみなので通院している患者さんだけ利用が可能です。
価格
2,800円(税込)
容量
100mL
1mlあたりの価格
28.00円/ml
分類
不明
監修医
AGAスキンクリニック 院長 麻生泰医師
購入場所
院内処方
詰替え有無
成分一覧
不明
厳選スカルプシャンプー比較ランキング4位
湘南美容クリニック(SBC)は該当スカルプシャンプー無し
湘南美容クリニック(SBC) スカルプシャンプー
該当スカルプシャンプー無し
湘南美容クリニック(SBC)の医師が監修するスカルプシャンプーは現在無いようです。
価格
該当無し
容量
該当無し
1mlあたりの価格
該当無し
分類
該当無し
監修医
該当無し
購入場所
該当無し
詰替え有無
該当無し
成分一覧
該当無し
厳選スカルプシャンプー比較ランキング5位
表参道スキンクリニック(ヘアジニアス)はバイタリズム
バイタリズム 商品画像
ピロミジロール配合のスカルプシャンプー
新化粧品原料の頭皮の血行を促進効果が期待されるピロミジロールを配合した初めてのスカルプシャンプーです。テレビでコメンテーターとして出演している友利新医師が監修しているので女性にもお勧めのスカルプシャンプーです。
価格
3,960円(税込)
容量
350mL
1mlあたりの価格
11.31円
分類
アミノ酸シャンプー
監修医
購入場所
院内処方、公式サイト、ドンキホーテ、AMAZON、楽天
詰替え有無
成分一覧
水、ココイルグルタミン酸2Na、コカミドプロピルベタイン、コカミドDEA、デシルグルコシド、グリセリン、スルホコハク酸(C12-14)パレス-2Na、アルガニアスピノサ芽細胞エキス、ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド、ピロクトンオラミン、サッカロミセス溶解質エキス、キハダ樹皮エキス、アルゲエキス、水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲン、アロエベラ葉エキス、モモ葉エキス、トウキ根エキス、センキュウエキス、ショウガ根エキス、クララエキス、オタネニンジンエキス、カンゾウ根エキス、アラニン、リシン、アルギニン、トレオニン、プロリン、セリン、グリシン、グルタミン酸、ポリクオタニウム-10、ジステアリン酸PEG-150、トリイソステアリン酸PEG-120メチルグルコース、ジステアリン酸グリコール、グリコール、ラウレス-6カルボン酸、ラウリミノジプロピオン酸Na、ラウレス-5、レシチン、イソマルト、エタノール、ベタイン、BG、PCA-Na、ソルビトール、クエン酸、ペンテト酸5Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン、ハッカ油、メントール、香料
厳選スカルプシャンプー比較ランキング6位
銀座HSクリニックはグロウエールスカルプ
グロウエールスカルプ 商品画像
コンディショナー不要のスカルプシャンプー
銀座HSクリニック 元院長 北嶋渉医師が監修した、リンスインタイプのスカルプシャンプーです。男女問わず利用することが可能です。パラベンやシリコーンなど不要な物を除外し、頭皮環境を整えることを目的とした商品です。
価格
3,996円(税込)
容量
300mL
1mlあたりの価格
13.32円
分類
アミノ酸シャンプー
監修医
銀座HSクリニック 元院長 北嶋渉医師
購入場所
院内処方、公式サイト
詰替え有無
成分一覧
水、コカミドプロプルベタイン、ココイルグルタミン酸2Na、トリイソステアリン酸PEG-120メチルグルコース、コミカドメチルMEA、ラウロイルアスパラギン酸Na、セバシン酸ジエチル、メチルグルセス-20、グリセリン、ココイルトレオニンNA、ラウリン酸ポリグリセリル-10 カンゾウ根エキス、PPG-3カプリリルエーテル、ポリクオタニウム-6、ポリクオタニウム-53、y-ドコサラクトン、サガラメエキスBG、グルコシルルチン、グルコシルヘスペリジン、レモン果実水、フェノキシエタノール、ポリアミノプロピルグアニド、安息香酸Na、クエン酸、セージ葉エキス、ローズマリー葉エキス、キュリ果実エキス、タチジャコウソウ花、ラベンダー花エキス、セイヨウサンザシ果実エキス、アルテア根エキス、カミツレエキス、ゴボウ根エキス、トウキンセンカエキス、ハッカ油、ラバンヂュラハイブリダ油、テレビン油、ユーカリ葉油、アトラスシーダ樹皮油、セイヨウハッカ油/div>
AGAクリニックの監修アイテム

AGA病院監修のスカルプシャンプーランキング

人気AGA病院の総合ランキング
【1位】銀座総合美容クリニック(銀クリ)
銀座総合美容クリニック(銀クリ) 公式サイト画像
「治療費用が良心的」「発毛効果」「親切丁寧な接客」が揃ったAGA治療の人気病院。どこに行くか悩んでいる人は、まずここから足を運んでみては?テレビCMも放映している人気急上昇のAGAクリニック。
【2位】メンズヘルスクリニック東京(ヘアメディカル)
メンズヘルスクリニック東京(城西クリニック) 公式サイト画像
発毛・薄毛治療のパイオニアのヘアメディカルグループ。歴史と臨床数には自信あり。2014年に新宿からの移転の際にクリニック名を「城西クリニック」から変更。
【3位】AGAスキンクリニック
AGAスキンクリニック 公式サイト画像
発毛実感率99.4%!東京美容外科のAGA治療を体験出来る病院です。男性に限らず女性の薄毛治療も対応可能。
【4位】湘南美容クリニック(SBC)のAGA治療(旧ルネッサンスクリニック)
湘南美容外科のAGA治療(旧ルネッサンスクリニック)
ARTAS植毛というロボットを使った植毛手術は、世界的でも症例数No.1。植毛を検討している人におススメの病院。
【5位】表参道スキンクリニック(ヘアジニアス)
表参道スキンクリニック(旧東京美容外科ヘアジニアス) 公式サイト画像
女性専用美容外科の表参道スキンクリニックによるAGA治療。老若男女問わず薄毛に悩む方におススメの病院。
四谷ローズクリニック
四谷ローズクリニック 公式サイト画像
中央クリニック
中央クリニック 公式サイト画像
TOMクリニック
TOMクリニック 公式サイト画像
HARG治療センター
HARG(ハーグ)治療センター 公式サイト画像
池袋AGAクリニック
池袋AGAクリニック 公式サイト画像
【全国版】AGA病院リスト
東京で探すAGA治療病院の基本情報
スポンサー