» AGA治療は健康保険が適用される?その理由と保険の仕組みを解説

AGA治療は健康保険が適用される?その理由と保険の仕組みを解説

AGA治療と健康保険

病院やクリニック診療及び処方される薬は健康保険などの保険が適用される「保険診療」と保険が適用されない「自由診療」の2種類があります。これからAGA治療を検討している方は、この健康保険が適用されるかされないかで、大きく負担する治療費が異なってくるため、非常に関心の高い内容だと思います。このページではAGA治療と健康保険の適用に関して説明をしていきたいと思います。

なお、AGAのに関してはこちらのページ(AGAとは?原因や仕組み、男性ホルモンと薄毛の関連性を解説)で紹介していますので、参考にしてください。
 

AGA治療には健康保険が適用される?

まず結論から述べると、どのクリニックや病院に通院した場合も例外なくAGA治療の場合は健康保険は適用されません。また、診察費用以外の処方されるこちらのページで紹介しているAGA治療薬に関しても健康保険は適用されません。その為、診察費用及び薬の代金の100%(10割)を自己負担する必要があります。

その理由を紐解く為にも、保険が適用される「保険診療」と保険が適用されない「自由診療」がどんな基準で区分けされているのかを理解する必要があります。
 

保険診療

保険診療とは、健康保険などの公的保険が適用される通常の診療のことを言います。国民健康保険制度が施行されたことにより、治療費の7割を国民健康保険や健康保険組合などが負担をし、残りの3割の自己負担額を支払うだけで診療を受けられるようになりました。つまりどこの医療機関へ行っても、同じ診療を同じ金額で受けることができます。

命に関わる疾患に適用され、国民の誰もが経済的に負担が少なく平等な診療を受けられるのが保険診療の特徴です。保険診療の治療法や治療回数などは制限されています。そのため、必要最低限の治療や決められた治療内容の「保険適用内の治療」しか受けることができません。
 

自由診療

自由診療とは、健康保険などの公的保険が適用されない診療のことを言います。保険が適用されないので、治療費が保険診療とは違い全額自己負担になります。治療費は法的に定められていないので病院側が自由に設定することができます。治療費用は10割が患者負担になります。

自己負担額は大きくなりますが自由診療の場合、厚生労働省が承認をしていない医薬品や最先端の治療方法を受けることができます。治療方法や新薬の開発は日々進化をしています。例えば海外でがん治療に有効な医薬品が開発された場合、その治療を受けることができるのです。自由診療として扱われているものはAGA治療、美容整形、歯列矯正、自然分娩、人工中絶、人間ドッグなどがあげられます。
 

AGA治療には健康保険が適用されない理由

上記の「保険診療」「自由診療」の区分けを読み解くと、AGA治療に健康保険が適用されない2つの大きな理由があることが分かります。
 

理由1:AGA治療は「国民の誰もが受ける治療でもない」

AGA治療は主に男性で30代~50代、そして薄毛が気になる一部の人だけが希望をして受けることの出来る医療行為です。そう考えると国民の税金がAGA治療の健康保険費用に使われることが無いことが分かります。
 

理由2:AGA治療は「命に関わる治療ではない」

AGA治療は「命に関わる治療ではない」ではなく美容目的の治療です。もちろん薄毛の悩みが深くなれば命に関わる可能性があることもありますが、あくまでも稀です。そう考えると国民全体の健康にかかわるものではないので、健康保険が適用されません。

 

頭髪の治療で健康保険が適用される円形脱毛症

AGAの治療は健康保険が適用されませんが、髪の毛の病気で健康保険適用されるのが「円形脱毛症」です。円形脱毛症には健康保険が適用される「ステロイド治療」が用いられることが理由です。その為、ステロイド治療を希望する場合には保険診療を行っている総合病院や皮膚科で治療するようにしましょう。

しかし、円形脱毛症でも健康保険が適用されない先端医療や医療用ウィッグの購入など、保険治療の適用とならない治療方法や対処方法をとった場合には自由診療と同じ10割負担になるので注意が必要です。
 

健康保険が効かないAGA治療はいくらかかる?

一般的に病院の治療は「診察費」「薬代」の2つ費用が掛かるポイントがありますが、健康保険の適用されないAGAクリニックではどのような費用感になるか気になる方も多いと思うので説明をしていきたいと思います。
 

AGAクリニックの診察費用

「健康保険が適用されないと高額になるのでは?!」と思う方も多いかもしれませんが、ほぼ全てのAGAクリニックで医師の診察費用は「0円」です。ケースによっては初めて診察をする「初診」で数千円掛かるケースがありますが、2回目以降の医師の診察である「再診」で費用はかかりません。
 

AGAクリニックの薬代

AGA治療に用いる薬は非常に沢山の種類があります。一例ではありますが、相場としては下記の通りです。

 

カウンセリング
無料
平均月額 6,000円~8,000円(税込み)
平均月額 8,000円~10,000円(税込み)
平均月額 6,000円~10,000円(税込み)
平均月額 10,000円~15,000円(税込み)
平均月額 20,000円~300,000円(税込み)
自毛植毛
平均月額 1,000,000円~2,000,000円(税込み)

 
なお、このページでは「月額のAGA治療費用で比較するAGAクリニックランキング 」を紹介しています。

AGA治療は健康保険が適用されず一般的な病気の治療に比べると高価な治療です。だからこそ、出来る限り費用を抑えてしっかりと効果のあるAGA治療ができるクリニックを選びましょう。

 
 

PICK UP ! 注目AGAアイテム

メソセラポス スカルプリキッド
AGAクリニックの成長因子施術(育毛メソセラピー)を格安で毎日自宅で使える育毛セルフケア商品が登場【1回あたり122円】

AGA治療クリニックランキング

AGA治療クリニックランキング

AGAクリニックの監修アイテム

AGA病院監修のスカルプシャンプーランキング

人気AGA病院の総合ランキング
【1位】銀座総合美容クリニック(銀クリ)
銀座総合美容クリニック(銀クリ) 公式サイト画像
「治療費用が良心的」「発毛効果」「親切丁寧な接客」が揃ったAGA治療の人気病院。どこに行くか悩んでいる人は、まずここから足を運んでみては?テレビCMも放映している人気急上昇のAGAクリニック。
【2位】メンズヘルスクリニック東京(ヘアメディカル)
メンズヘルスクリニック東京(城西クリニック) 公式サイト画像
発毛・薄毛治療のパイオニアのヘアメディカルグループ。歴史と臨床数には自信あり。2014年に新宿からの移転の際にクリニック名を「城西クリニック」から変更。
【3位】AGAスキンクリニック
AGAスキンクリニック 公式サイト画像
発毛実感率99.4%!東京美容外科のAGA治療を体験出来る病院です。男性に限らず女性の薄毛治療も対応可能。
【全国版】AGA病院リスト
東京で探すAGA治療病院の基本情報