» AGA治療は健康保険が適用される?医療控除は対象外?

AGA治療は健康保険が適用される?医療控除は対象外?

AGA治療は保険が適用されない

診療には、健康保険などの保険が適用される診療と保険が適用されない自由診療の2種類あります。
AGA治療の場合、健康保険は適用されません。つまり、保険が適用されない自由診療となります。

AGA治療には大きく分けるとプロペシアや育毛剤などの内服薬・外用薬による治療、人工的に毛根を移植する植毛治療、成長因子を注入する発毛治療があります。プロペシアは一般的な皮膚科でも処方してもらえます。きちんとした診察や植毛などの治療を希望する場合はAGA治療の専門のクリニックを受診しましょう。どちらの場合も治療費用は全て自己負担となります。治療費用の相場は、一般的な皮膚科などの病院ですと8,000~15,000円程度、AGA治療の専門クリニックでは15,000~30,000円程度です。通院するとなると、できる限り安くしたいですね。

AGA治療は基本的には医療控除を使用することができませんが、医療控除を使用することができる場合があります。
例えば、ストレスなどの精神的な理由での脱毛症状や病気の影響により引き起こされた脱毛症状でAGA治療を受けることになったとします。そのことが税務署および税務署職員に認められると医療控除を使用することができます。

保険診療とは

保険診療とは、健康保険などの公的保険が適用される通常の診療のことを言います。
国民健康保険制度が施行されたことにより、治療費の7割を国民健康保険や健康保険組合などが負担をし、残りの3割の自己負担額を支払うだけで診療を受けられるようになりました。つまりどこの医療機関へ行っても、同じ診療を同じ金額で受けることができるのです。このように、国民の誰もが経済的に負担が少なく平等な診療を受けられるのが保険診療の特徴です。

保険診療の治療法や治療回数などは制限されています。そのため、必要最低限の治療や決められた治療内容の「保険適用内の治療」しか受けることができません。例えば歯医者でより歯を綺麗に見せるために矯正したり、セラミックを使用した詰め物をした場合などは保険適用外になるので自由診療となります。

自由診療とは

自由診療とは、健康保険などの公的保険が適用されない診療のことを言います。
保険が適用されないので、治療費が保険診療とは違い全額自己負担になります。治療費は法的に定められていないので病院側が自由に設定することができます。

自己負担額は大きくなりますが自由診療の場合、厚生労働省が承認をしていない医薬品や最先端の治療方法を受けることができます。治療方法や新薬の開発は日々進化をしています。例えば海外でがん治療に有効な医薬品が開発された場合、その治療を受けることができるのです。AGA治療以外に自由診療として扱われているものは美容整形、歯列矯正、自然分娩、人工中絶、人間ドッグなどがあげられます。

保険診療のメリット

国民健康保険制度が施行されたことにより、治療費の7割を国民健康保険や健康保険組合などが負担をし、残りの3割の自己負担額を支払うだけで診療を受けられることができます。
どこの医療機関へ行っても、同じ診療を同じ金額で受けることができるのです。つまり国民の誰もが経済的な負担が少なく、平等な治療を受けることができるのです。

保険診療の治療法や治療回数などは、法的に定められています。また、保険適用の診療をした場合、医師は治療内容を国に報告する義務があります。このため、高額な治療費や不当な治療法をする悪徳業者に引っかかるリスクも少なく、安心して安全な治療を受けることができます。

保険診療のデメリット

保険診療は、健康保険法などにより治療方法が制限されているため、治療方法やリハビリの回数、使用する医薬品の種類などは決められています。治療を受ける場合、患者は治療の幅の選択肢が狭まるということです。

また、保険適用内の治療しか施すことができないため、病気に対して必要最低限の治療になり重要になるため、あらゆる手立てを尽くすことができません。仕上がりを綺麗に見せることや、傷跡を残りにくくさせることなど考慮されません。
治療をすることが目的となるため、見た目や形傷跡が残ってしまい仕上がりに不満がでる場合があります。治療の幅を広げる、見た目を重視する場合は自由診療となってきます。

自由診療のメリット

保険診療は法的に定められた「保険適用内の治療」しか提供できないのに対し、自由診療は、保険適用外の治療になってしまいますが、最先端の医療を受けることができます。病気に対して、あらゆる手立てを尽くせるということですね。

例えば歯医者で虫歯治療をした場合、保険診療ですと被せ物に銀を使われることがほとんどです。
しかし、自由診療ですと被せ物がセラミックなど目立ちにくい材質のものにできます。このように仕上がりを綺麗に見せたい方、傷跡が残りにくいようにしたい方には保険診療がおすすめです。また、治療費用は、病院側が自由に設定することができ利益がでやすくなります。得た利益は病院の設備投資などに使われるので、より質の高い医療を提供することができると期待されています。

自由診療のデメリット

自由診療の場合、治療費が
全て自己負担
となります。最先端の治療方法や医薬品は、たいてい高額となることが多いので、金銭的に余裕のある方しか受けることができません。よくあるガン保険などの民間保険に加入していた場合、支払うことができるかもしれません。加入していない場合ですと、治療を受けることや継続することは難しくなってきます。
このように保険診療とは違い、自由診療では金銭的な格差が出てきます。

治療費用は、病院側が自由に設定することができるので同じ治療法でも医療機関によって料金が変わってます。これを利用した悪徳な業者も多いです。例えば、美容整形で高額なコースをすすめて料金を請求されるケースなどがあります。
自由診療で受ける場合は、きちんとした医療機関を選ぶことが重要です。

AGA治療に保険が適用されない理由

AGA治療は厚生労働省により、健康保険が適用されない自由診療とされています。治療費は全額自己負担となるので、通院するとなると経済的に負担が大きく、できるだけ安くしたいものです。

なぜ、AGA治療は保険が適用されないのでしょうか。そもそも自由診療は、見た目の仕上がりを綺麗にすることを目的とした治療がほとんどです。髪を生やすことは、見た目をよくすることされているため自由診療のあつかいとなります。また、AGAは国から病気とはみなされておらず病気や怪我と区別されています。AGAは人の生死に関わらないこと、加齢とともに進行していく生理現象ということから病気の扱いになっていないそうです。このように、AGA治療は美容整形と同じ分類にされています。

AGA治療費用の相場は、一般的な皮膚科などの病院ですと8,000~15,000円程度、AGA治療の専門クリニックでは15,000~30,000円程度です。定期的に通院が必要になってくるので、なるべく治療費を抑えたいですようね。治療費を抑えるために、個人輸入に頼ってしまう方もいます。しかし、個人輸入はリスクがとても大きく危険です。AGA治療の専門機関はカウンセリングを無料で行っているところがほとんどですので、一度相談してみましょう。

人気AGA病院の総合ランキング
【1位】銀座総合美容クリニック(銀クリ)
銀座総合美容クリニック(銀クリ) 公式サイト画像
「治療費用が良心的」「発毛効果」「親切丁寧な接客」が揃ったAGA治療の人気病院。どこに行くか悩んでいる人は、まずここから足を運んでみては?テレビCMも放映している人気急上昇のAGAクリニック。
【2位】メンズヘルスクリニック東京(ヘアメディカル)
メンズヘルスクリニック東京(城西クリニック) 公式サイト画像
発毛・薄毛治療のパイオニアのヘアメディカルグループ。歴史と臨床数には自信あり。2014年に新宿からの移転の際にクリニック名を「城西クリニック」から変更。
【3位】AGAスキンクリニック
AGAスキンクリニック 公式サイト画像
発毛実感率99.4%!東京美容外科のAGA治療を体験出来る病院です。男性に限らず女性の薄毛治療も対応可能。
【4位】ルネッサンスクリニック
ルネッサンスクリニック 公式サイト画像
ARTAS植毛というロボットを使った植毛手術は、世界的でも症例数No.1。植毛を検討している人におススメの病院。
【5位】表参道スキンクリニック(ヘアジニアス)
表参道スキンクリニック(旧東京美容外科ヘアジニアス) 公式サイト画像
女性専用美容外科の表参道スキンクリニックによるAGA治療。老若男女問わず薄毛に悩む方におススメの病院。
四谷ローズクリニック
四谷ローズクリニック 公式サイト画像
中央クリニック
中央クリニック 公式サイト画像
TOMクリニック
TOMクリニック 公式サイト画像
HARG治療センター
HARG(ハーグ)治療センター 公式サイト画像
池袋AGAクリニック
池袋AGAクリニック 公式サイト画像
【全国版】AGA病院リスト
東京で探すAGA治療病院の基本情報
スポンサー