» AGA治療に用いる成長因子「線維芽細胞増殖因子(FGF)」について解説

AGA治療に用いる成長因子「線維芽細胞増殖因子(FGF)」について解説

AGA治療で用いられる成長因子の1つ、線維芽細胞増殖因子(FGF)について解説していきます。

線維芽細胞増殖因子(FGF)とは?

英語表記:Fibroblast growth factors(FGF)

線維芽細胞増殖因子(FGF)は、もともと人が持っている多機能性タンパク質の一種で、線維芽細胞の細胞分裂を活発にして、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの皮膚の弾力を保つ成分を増やす働きをし、血管新生や創傷治癒、胚発生に関係する成長因子です。体内で産生される成長因子は、加齢とともに減少し、細胞の活動が鈍くなっていくため、肌の弾力の低下へと繋がってしまいます。

成長因子が減少すると、毛母細胞の細胞分裂の停止や分裂のスピードが遅くなってしまいます。線維芽細胞増殖因子(FGF)は、上皮細胞だけではなく、マクロファージからも産生され、創傷時における線維芽細胞増殖や血管新生に関わってきます。

ヒトオリゴペプチド-13は、酸性線維芽細胞成長因子と呼ばれるもので、コラーゲンやエラスチン組織の弾力性を増やし、毛髪の成長を促進して、脱色を抑制し、白髪の発生を抑える、頭皮の血行を促進して毛根に活力を与えるなど、さまざまな働きがあります。グロースファクターと同じように、体内で作られるタンパク質の一種で、皮膚に存在して再生や回復に大きく関係しています。

ただ、グロースファクターと同じように扱われていますが、グロースファクターが肌の表面で強力な効果を発揮するのに対して、ヒトオリゴペプチド-13は肌の奥の方でコラーゲンを作り出すための細胞を刺激する成分という違いがあります。

線維芽細胞増殖因子(FGF)の種類

最近、女性の間で注目されているのが、FGFと呼ばれている線維芽細胞増殖因子です。肌には、線維芽細胞増殖因子の受容体があり、受容体が線維芽細胞増殖因子(FGF)と結合すると、線維芽細胞が活発化するように命令が出るのです。そして、エラスチンやコラーゲンなど、肌の弾力を保つために働いているタンパク質が増え、ハリのある肌を維持できるわけです。

線維芽細胞が、何らかの原因によって衰えてしまうと、たるみやシワなどが出てきます。加齢に悩む女性にとって、線維芽細胞増殖因子(FGF)は、とても重要なのです。FGFは、種類が23もあり、それぞれ違う働きをしています。FGF-1は、スキンケア化粧品に含まれることが多く、FGF-1が含まれている化粧品を肌につけると、皮膚から角質層にスムーズに浸透し、潤いを与えます。

特に、ほうれい線や額のシワ、ニキビ跡のケアに使っている人が多いです。FGF-5は、加齢やホルモンバランスの乱れなどから脱毛指示を出し、FGF-5は、脱毛を抑える作用があります。毛母細胞にあるFGF-7は、髪の毛の成長のために働く物質として有名で、毛根を元気にする効果も期待できるため、ヘアケアに使われることが多いです。

線維芽細胞増殖因子(FGF)の主な働きと作用について


私たちの肌の内部の真皮層では、肌のハリや弾力を保つために欠かせないコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸など、美肌に関わる成分が作られています。これらの美容成分の生成に深く関わっているのが線維芽細胞線維芽細胞増殖因子(FGF)です。

若々しい肌には真皮層にコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などの美容成分が多く含まれていますが、これは、肌の内部にある線維芽細胞が活発に働いているためです。線維芽細胞の元気がなくなると肌のハリや弾力を保つことができなくなってしまい、肌にしわやたるみがあらわれてしまいます。

この線維芽細胞の細胞分裂絵を活発にするのが線維芽細胞増殖因子(FGF)です。線維芽細胞増殖因子(FGF)は成長因子のひとつで、上皮細胞やマクロファージから生産されています。FGFは、創傷治癒過程での線維芽細胞の再生や増殖、血管新生作用があります。FGFを補うことにより、線維芽細胞を再生、活性化させ、肌が本来もっていた再生力を取り戻すことができるので、美容医療や化粧品においても多く利用されています。

再生医療の分野でも注目を集めている線維芽細胞増殖因子(FGF)は、コラーゲンやエラスチンなど美容成分を作る細胞そのものを元気にさせる働きがあるため、老化の原因を根本から解消するのに役立ちます。肌のハリや弾力のなさに悩んでいる人は、FGF配合の化粧品やFGF注入療法を試してみてはいかがでしょうか。

線維芽細胞増殖因子(FGF)の髪に対しての効果

線維芽細胞増殖因子(FGF)とは、そもそもどのような性質を持っていて髪にどのような効果があるとされているのでしょうか?線維芽細胞増殖因子は1973年に脳の中にある脳下垂体と呼ばれる部分の抽出物の中に発見された物質のことを指します。この成分は、私たちの美と健康の両方を守る成分として欠かせません。

この線維芽細胞増殖因子(FGF)は名前の通り、線維芽細胞を増殖する作用があることが分かっています。繊維芽細胞とは、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸など美容に必須といえる真皮にある成分を作り出す働きがあり重要な成分です。こうした美容成分が体内にうまく循環して作られることによって、人間の持つ美しい肌を保つ働きがあります。それは髪のヘアサイクルにおいても当てはまり、ヘアサイクルには成長期と休止期の二種類がありますので、これを交互にうまく繰り返すことによって髪の健康を保つ働きを持っています。線維芽細胞増殖因子(FGF)は、ヘアサイクルをしっかりと整えるのに重要な物質といえます。

線維芽細胞増殖因子(FGF)は幅広い効果を持っている多機能性タンパク質に分類されています。細胞の分裂促進因子のほか制御的効果・形態学的効果など多様な効果を多様な種類の細胞で作用する成分ということが分かっており、多能性成長因子とも呼ばれます。医療現場においてはAGA治療を専門にするクリニックや美容クリニックなどにおいてこの成分を注入してAGAやアンチエイジングなどを目的とした治療を行う事例も多数あります。

人気AGA病院の総合ランキング
【1位】銀座総合美容クリニック(銀クリ)
銀座総合美容クリニック(銀クリ) 公式サイト画像
「治療費用が良心的」「発毛効果」「親切丁寧な接客」が揃ったAGA治療の人気病院。どこに行くか悩んでいる人は、まずここから足を運んでみては?テレビCMも放映している人気急上昇のAGAクリニック。
【2位】メンズヘルスクリニック東京(ヘアメディカル)
メンズヘルスクリニック東京(城西クリニック) 公式サイト画像
発毛・薄毛治療のパイオニアのヘアメディカルグループ。歴史と臨床数には自信あり。2014年に新宿からの移転の際にクリニック名を「城西クリニック」から変更。
【3位】AGAスキンクリニック
AGAスキンクリニック 公式サイト画像
発毛実感率99.4%!東京美容外科のAGA治療を体験出来る病院です。男性に限らず女性の薄毛治療も対応可能。
【4位】ルネッサンスクリニック
ルネッサンスクリニック 公式サイト画像
ARTAS植毛というロボットを使った植毛手術は、世界的でも症例数No.1。植毛を検討している人におススメの病院。
【5位】表参道スキンクリニック(ヘアジニアス)
表参道スキンクリニック(旧東京美容外科ヘアジニアス) 公式サイト画像
女性専用美容外科の表参道スキンクリニックによるAGA治療。老若男女問わず薄毛に悩む方におススメの病院。
四谷ローズクリニック
四谷ローズクリニック 公式サイト画像
中央クリニック
中央クリニック 公式サイト画像
TOMクリニック
TOMクリニック 公式サイト画像
HARG治療センター
HARG(ハーグ)治療センター 公式サイト画像
池袋AGAクリニック
池袋AGAクリニック 公式サイト画像
【全国版】AGA病院リスト
東京で探すAGA治療病院の基本情報
スポンサー