» プロペシアやミノキシジルなど定番のAGA薬の効果と副作用とは

プロペシアやミノキシジルなど定番のAGA薬の効果と副作用とは

AGAの病院では様々な治療薬があります。病院に行くとどんな薬を処方されるのでしょうか?ホントに効果はあるの?どんな仕組みでAGAに効果があるの?そんな疑問を解消していきたいと思います。AGA病院にカウンセリングに行った際も予備知識の有無で話の理解度がグっと変わってきます。薬に対しての理解度が深まれば必然的に病院を選ぶ精度も高まって、薄毛に悩むことに早めにオサラバできるはずです。

内服薬(飲み薬)

 

プロペシア(フィナステリド)とは

日本皮膚科学会という医師団体によって策定された「男性型脱毛症診療ガイドライン」において、AGAに最も効果があると認められた薬が「プロペシア(フィナステリド)」です。また、FDAというアメリカの政府機関にも「AGA」に効果が有る薬として認められており、世界的に治療に利用されています。まず、フィナステリドとプロペシアの違いですが、フィナステリドは「成分名」で、プロペシアというのは日本のMSD製薬が販売している「商品名」という違いがありますが、結局AGAに対しての効果は同じです。米メルク社が開発して、当初は前立腺肥大症の治療薬として利用されていましたが、実際に治療していた人の中で、毛髪の成長が見られることが分かり、AGA治療専用の薬としてその後開発が続けられました。FDAでは1997年にAGA治療薬として効果が認められ、世界的に使用が開始され、日本では2005年からAGA治療薬としてフィナステリドを日本のMSD製薬が「プロペシア」という商品名で発売しました。なお、薬局では手に入らず医師の処方が必要な薬です。

プロペシア(フィナステリド)の効果

AGAの原因と仕組み」のページで詳しくご説明しておりますが、AGA(エージーエー)の仕組みを簡単に説明すると、 ①「男性ホルモン(テストステロン)が血中を回る」→②「頭部にある毛乳頭細胞にたどり着く」→③「毛乳頭細胞中にある5α還元酵素(5αリダクターゼ)と結合してジヒドロテストステロン(DHT)が生み出される」→④「ジヒドロテストステロン(DHT)がアンドロゲン受容体(アンドロゲンレセプター)と結合する」→⑤「毛周期(ヘアサイクル)を乱す信号を送る」とう一連の流れがあります。

その中で、プロペシア(フィナステリド)は③の「男性ホルモン(テストステロン)」と「5α還元酵素(5αリダクターゼ)」が結合するのをブロックする薬です。③をブロックすることで、③以降の流れが完全にストップする為、「毛周期(ヘアサイクル)を乱す」というシグナルが出なくなる為に、髪が抜けにくくなります。仕組みとしては5α還元酵素(5αリダクターゼ)に男性ホルモン(テストステロン)が出会う前に、プロペシア(フィナステリド)が先回りして結合してしまい、男性ホルモン(テストステロン)が結合する相手がいなくなってしまいます。

この働きから、プロペシア(フィナステリド)は医学的な名称として「5α還元酵素阻害剤」とよばれています。

なお、この薬は1度体内に入れると体内で代謝され24時間で体外に排出されてしまう為、1日1錠毎日飲むことが必要な薬です。また、プロペシア(フィナステリド)を飲んだからといって、直ぐに脱毛が急停止する訳ではありません。毛周期(ヘアサイクル)も脱毛のシグナルがストップしたことで、ゆっくりとその成長サイクルを元通りにしていきますので、効果を実感するのは3~6ヵ月前後かかると思っておきましょう。

さらにプロペシア(フィナステリド)の詳しい情報はここから

ミノキシジルとは

ファイザー製薬が高血圧の経口薬として開発した薬でしたが、プロペシア(フィナステリド)と同じように実際に治療していた人の中で、毛髪の成長が見られることが分かり、AGA治療専用の薬としてその後開発が続けれました。1980年代に脱毛症を治療する薬として「ロゲイン」という外用薬(塗り薬)を発売しました。日本では大正製薬が1999年から「リアップ」という外用薬として発売をしており、今でも「水谷豊氏」を起用したCMをテレビで見掛けることも多いでしょう。AGAの病院では、このミノキシジルを内服薬として処方しています。理由としては、皮膚を通して薬を吸収する経皮吸収は非常に効率が悪く、効率的に幹部まで成分が行き届かないというデメリットがあるからです。一般的に薬は「経皮吸収」<「経口吸収」<「点滴」といった吸収率の順番が有る為、AGA病院では「経口吸収」が出来るように内服薬として処方するケースがあります。ただ、日本では簡単に薬を入手できない為、一般の病院ではほとんど手に入りません。基本的にAGAの専門の病院に行かなければミノキシジルの内服薬は処方されないと考えて下さい。

ミノキシジルの効果

髪の毛が生えて、成長する過程で成長因子(グロースファクター)という材料が毛乳頭細胞には必要になりますが、ミノキシジルを内服することで、髪の毛の乳頭細胞への成長因子(グロースファクター)の供給量を増やし発毛を促します。それに伴い、「乳頭細胞を活性化」「髪の毛包の拡大」「毛周期(ヘアサイクル)の成長期を長くする」などの効果から、髪がどんどん生え、しっかりとした太い髪の毛に成長していくという効果が表れます。なお、この薬も効果を実感するのは3~6ヵ月前後かかると思っておきましょう。

さらにミノキシジルの詳しい情報はここから

外用薬(塗り薬)

 

ロゲインとは

内服薬のミノキシジルと同様の開発経緯でファイザー製薬が高血圧の経口薬として開発し、脱毛症を治療する薬として「ロゲイン」という外用薬(塗り薬)で発売されたものです。日本では大正製薬のリアップという薬がありますが、ほぼ同じ成分及び効果が認められますので、敢えて病院でロゲインを処方してもらわなくても、薬剤師のいる薬局などでリアップを購入すれば事が足りてしまいます。

ロゲインの効果

内服薬のミノキシジルと同様に髪の毛が生えて、成長する過程で成長因子(グロースファクター)という材料が毛乳頭細胞には必要になりますが、ミノキシジルを内服することで、髪の毛の乳頭細胞への成長因子(グロースファクター)の供給量を増やし発毛を促します。それに伴い、「乳頭細胞を活性化」「髪の毛包の拡大」「毛周期(ヘアサイクル)の成長期を長くする」などの効果から、髪がどんどん生え、しっかりとした太い髪の毛に成長していくという効果が表れますが、内服薬とは異なり、体内への有効成分の吸収率が低いので、効果を感じるまでに長い時間を要する場合や、1年以上利用しても効果が体感出来ない場合もあります。

この記事を読んだ人へのオススメ記事

■AGA治療薬の副作用と注意点

AGA治療薬に限らず、一般に市販されている風邪薬や胃腸薬などの「薬」と呼ばれるものには「効能」がある代わりに必ず副作用もあります。安心して長期間腰を据えて治療を継続する為にも、薬の効果だけでなく、副作用や注意点も理解しておきましょう。

人気AGA病院の総合ランキング
【1位】銀座総合美容クリニック(銀クリ)
銀座総合美容クリニック(銀クリ) 公式サイト画像
「治療費用が良心的」「発毛効果」「親切丁寧な接客」が揃ったAGA治療の人気病院。どこに行くか悩んでいる人は、まずここから足を運んでみては?テレビCMも放映している人気急上昇のAGAクリニック。
【2位】メンズヘルスクリニック東京(ヘアメディカル)
メンズヘルスクリニック東京(城西クリニック) 公式サイト画像
発毛・薄毛治療のパイオニアのヘアメディカルグループ。歴史と臨床数には自信あり。2014年に新宿からの移転の際にクリニック名を「城西クリニック」から変更。
【3位】AGAスキンクリニック
AGAスキンクリニック 公式サイト画像
発毛実感率99.4%!東京美容外科のAGA治療を体験出来る病院です。男性に限らず女性の薄毛治療も対応可能。
【4位】ルネッサンスクリニック
ルネッサンスクリニック 公式サイト画像
ARTAS植毛というロボットを使った植毛手術は、世界的でも症例数No.1。植毛を検討している人におススメの病院。
【5位】表参道スキンクリニック(ヘアジニアス)
表参道スキンクリニック(旧東京美容外科ヘアジニアス) 公式サイト画像
女性専用美容外科の表参道スキンクリニックによるAGA治療。老若男女問わず薄毛に悩む方におススメの病院。
四谷ローズクリニック
四谷ローズクリニック 公式サイト画像
中央クリニック
中央クリニック 公式サイト画像
TOMクリニック
TOMクリニック 公式サイト画像
HARG治療センター
HARG(ハーグ)治療センター 公式サイト画像
池袋AGAクリニック
池袋AGAクリニック 公式サイト画像
【全国版】AGA病院リスト
東京で探すAGA治療病院の基本情報
スポンサー