AGA治療に用いる成長因子「幹細胞増殖因子(SCF)」について解説

AGA治療で用いられる成長因子の1つ、幹細胞増殖因子(SCF)について解説していきます。

幹細胞増殖因子(SCF)とは?

英語表記:stem cell factor

幹細胞の分化・脱分化に関係する増殖因子の事を幹細胞増殖因子(SCF)と呼び、幹細胞成長因子と呼ばれる事もあります。幹細胞とは組織や臓器に成長する元となる細胞のことで、ここから幹細胞増殖因子(SCF)が排出され、様々な効果を発揮しています。

また、ただ単に幹細胞成長因子として扱われる物も有りますが、中にはサイトカインやホルモンとして扱われる物もあり、そこから細胞に刺激を与えます。正常に分泌される事によって、細胞の活性化が図られ、組織の新生、形成を図ったり、分裂を促進させる効果が期待出来るものです。

サイトカインとは主に免疫系細胞から分泌されるタンパク質で、標的細胞表面に存在する特異的受容体を介して極めて微量で生理作用を示し、細胞間の情報伝達を担う。

公益財団法人腸内細菌学会 / 用語集

また、育毛などでも細胞成長因子は注目を集めており、それを上手に活用する事によって毛母細胞を活性化させたりする効果も期待出来ます。中でも注目を集めている物の一つがヒトオリゴペプチド-5です。ケラチン増殖因子と呼ばれる事も有りますが、その働きはシワを改善したり、毛母細胞を活性化する等の働きがあります。

その為、幹細胞増殖因子(SCF)自体は健康面だけでなく、美容の面からも注目を集める成分です。現在ではその仕組みを利用した方法で、アプローチしている施設も有ります。また育毛の場合はヒトオリゴペプチド-5が使われている物もあり、実際には我々の身近な存在となってるのです。

幹細胞増殖因子(SCF)の主な働きと作用について

白髪になった人を、黒髪に戻せる可能性があることをご存知でしょうか。加齢により毛母細胞内にメラノサイトが少なくなってしまった状態を改善させれば、毛の色を取り戻せる可能性があります。

毛髪の周期的な再生を安定させるためには幹細胞がとても大切な役割を果たしますが、幹細胞増殖因子(SCF)を用いると血球成分である血球幹細胞に作用して、幹細胞を分化や増殖することに役立ちます。脱毛は、成長因子の産生が鈍り細胞の分化や増殖がうまくできにくくなってしまったことがかかわっています。

髪の毛を作る毛包や、髪の毛の色を作るときにも成長因子は欠かせない存在です。幹細胞増殖因子(SCF)は、美容分野において「肌組織の再生」や「豊胸の定着率を高めるため」に使われていますが、発毛や育毛にも欠かない存在となっているでしょう。

毛包にはバルジ領域というのが存在していて、メラノサイトもこのバルジ領域内にあります。毛母細胞が、メラノサイトが産生したメラニンを受け取れなくなると、分裂するときに黒い毛の髪を作れなくなります。メラノサイトが毛母細胞周辺に移動することが重要で、幹細胞増殖因子(SCF)により成長期に産生が活性化されることで、髪の色合いに変化が期待できます。

注射により幹細胞増殖因子(SCF)を気になる部位に入れることができるため、誰でも黒髪を目指すことができるという事です。

幹細胞増殖因子(SCF)の髪に対しての効果

幹細胞増殖因子(SCF)は角化細胞、線維芽細胞等から産生されるタンパク質の一種であり、様々な細胞の成長や増殖、分化を促します。

人の皮膚や髪の毛の色は含まれるメラニンの量によって違ってきますが、色素細胞の働きが活性化されたり増えたりすることでメラニンが再合成されて髪の毛の色が黒くなります。しかし歳を取ると、毛根細胞や毛包でのメラニン産生量が減ることで白髪になりますので、対策や予防を行うなら幹細胞増殖因子(SCF)の働きを利用して色素細胞の働きを活性化させなければなりません。

毛周期の初期の段階でメラノサイトを増殖させることができれば、白髪を効率良く予防することができますし、現在生えているものも改善できる可能性があります。幹細胞増殖因子(SCF)は様々な分野で注目されていますが、特に髪の毛を黒くすることでも成果をあげられるのではないか、と研究が進められているところです。

近い将来には自分でも気軽に行えるような、効果的な対策法が出てくるかもしれません。白髪を改善、予防するのはとても難しいこととされてきましたが、それは細胞の働きが関係しているためです。幹細胞増殖因子(SCF)の働きを利用すれば効率的なケアが行えます。