» 5α還元酵素阻害薬「プロペシア(フィナステリド)」の効果や副作用を解説

5α還元酵素阻害薬「プロペシア(フィナステリド)」の効果や副作用を解説

プロペシア(フィナステリド)

このページではAGA治療薬の定番とも言われる「プロペシア(フィナステリド)」に関して、「開発経緯」や「作用機序」はもちろんのこと、「AGA治療効果」「副作用」「ドーピングのリスク」など幅広い情報を提供していきます。
 

プロペシアの概要情報

英語表記
Finasteride
商品名(日本)
プロペシア
開発会社
メルク社
男性型脱毛症診療ガイドライン評価
A(男性)、D(女性)
服用方法
1日1回服用
厚生労働省承認日
2005年10月11日
FDAの許可の有無
半減期(成人)
6~8時間
化学式
C23H36N2O2
代謝
肝臓

 

フィナステリドとプロペシアの違い

フィナステリドとプロペシアが同じ様に記載がしてあるHPが多い為、この2つに明確な違いが無い様にとらえてしまう方も多い為、このフィナステリドとプロペシアの違いをまずは説明していきたいと思います。

■ フィナステリド:成分の名前(プロペシアの主成分)
■プロペシア:薬の商品名(MSD製薬の商品)

上記の様にフィナステリドとプロペシアの名前の意味には明確な差があります。なお、プロペシアはその効果から5α還元酵素阻害薬とも呼ばれています。本ページではプロペシアの主成分がフィナステリドという意味で「プロペシア(フィナステリド)」と表記をしていきます。

 

プロペシア(フィナステリド)の開発経緯

アメリカのメルク社が開発した「フィナステリド」は、もとはプロスカーという商品名で前立腺肥大症の治療薬としてアメリカで用いられてきました(日本では非承認)。その研究の過程において、発毛の兆候がみられたことから発毛剤として注目されるようになり研究が開始しました。

1997年にアメリカの厚生労働省にあたるFDA(食品医薬品局)に男性型脱毛症(AGA)治療薬として認定されました。その後、日本では1年間の臨床試験を経て2005年10月に厚生労働省から承認が下り、同年12月にメルク社の日本法人であるMSD株式会社(旧 万有製薬)よりプロペシアという商品名で製造及び販売がされるようになりました。なお、現在では世界で60か国以上でAGA治療薬として承認を受けています。

なおプロペシアを製造している万有製薬は、1915年に創立され梅毒の特効薬であるサルサバンをはじめ多くの治療薬の研究・開発をしてきた日本の製薬会社です。前立腺の治療薬であるフィナステリドを開発したメルク社と提携しており、その後にメルク社の子会社となった末にMSD株式会社に社名が変更となりました。

2001年にフィナステリドの臨床試験を開始し、2005年にAGAの治療薬であるフィナステリド(商品名 プロペシア)を販売・処方が開始しました。2006年にはこちらのAGAのCMでも紹介していますが、タレントの爆笑問題を起用した「お医者さんに相談だ」というフレーズが印象的なAGAの啓蒙CMを放映し、日本におけるAGA治療の認知度を一気に上げるきっかけを作りました。

 

プロペシア(フィナステリド)の作用機序

AGAの原因となるジヒドロテストステロン(DHT)の生成を阻害することによって薄毛の進行を抑制して治療をしていく薬です。プロペシア(フィナステリド)はAGAの原因であるジヒドロテストステロン(DHT)の生成する過程にある、5α-還元酵素(リダクターゼ)ⅱ型とテストステロン(男性ホルモン)の結合を阻害することで、ジヒドロテストステロン(DHT)生成量を抑制します。この働きからプロペシア(フィナステリドは5α還元酵素阻害薬とも呼ばれています。

なお5α-還元酵素(リダクターゼ)にはⅰ型とⅱ型の2種類がありますが、プロペシア(フィナステリド)はⅱ型の結合の阻害のみに作用します。なお5α-還元酵素(リダクターゼ)ⅰ型は全身の皮脂腺に由来し、5α-還元酵素(リダクターゼ)ⅱ型は頭皮の皮脂腺に由来することから、AGAには5α-還元酵素(リダクターゼ)のⅱ型が大きく関与していると考えられています。

 

プロペシア(フィナステリド)の効果

男性における男性型脱毛症(AGA)の進行遅延(抜け毛の予防や薄毛の進行抑制)です。

こちらのページAGAの原因と仕組みでも紹介していますが、AGAは通常のヘアサイクルの「成長期」「退行期」「休止期」の約2~6年のサイクルを、DHT(ジヒドロテストステロン)の影響により、成長期を数カ月~1年にまで短くしてしまい、髪が抜けるスパンが早くなり抜け毛が増え、髪のミニチュア化がおこり、最終的に髪の生え代わりが終わってしまい完全に頭皮の地肌が露出してしまう症状です。

プロペシア(フィナステリド)はテストステロン(男性ホルモン)と5α-還元酵素(リダクターゼ)ⅱ型の結合を阻害することで、AGAの症状を発症する根本原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制する効果が期待できる薬です。

プロペシア(フィナステリド)の服用を開始すると、短くなったヘアサイクルが徐々に約2~6年の正常サイクルに戻る為、その間に抜け毛が少しずつ減少し、髪の毛1本1本がしっかりと成長する期間が出来る為、結果的に髪の本数や髪のボリュームが増すことでAGAの症状である薄毛を改善することが出来ます。

しかし、必ず覚えておかなければならないのがプロペシア(フィナステリド)は発毛を促す薬ではないという事です。あくまでも抜け毛を減らす現状維持程度の効果を期待することが重要です。
 

プロペシア(フィナステリド)の服用期間

一般論としてプロペシア(フィナステリド)を服用を開始して6カ月から1年でその効果を実感できると言われています。効果の実感に時間が掛かる理由は、プロペシア(フィナステリド)が直接的に髪を生やす効果はなく、ヘアサイクルを正常化して抜け毛を減らすことで毛量を元の状態に戻す為です。その為、半年未満で服用を辞めた場合にはその効果を実感することは難しいでしょう。

また服用期間の目安ですが、AGAは根治することが出来ず、服用を辞めると徐々にまたAGAの症状が現れ始める可能性がある為、薄毛が心配である期間はプロペシア(フィナステリド)を飲み続けることが必要になってきます。しかしながら、30歳を過ぎて歳を重ねるごとにAGAの原因となるジヒドロテストステロン(DHT)の原料となるテストステロン(男性ホルモン)の分泌量が落ちていくため、AGAの症状が現れる確立は下がっていきます。

その為、ある程度の髪の量まで回復をしたら急に服用を止めるのではなく、徐々にプロペシア(フィナステリド)の減薬しながら様子を見ることが最も賢い選択といえます。
 

プロペシア(フィナステリド)の副作用

安全性評価対象276例中11例(4.0%)に14件の副作用が認められています。主な症状としては以下があげられます。

・過敏症:瘙痒症、蕁麻疹、発疹、血管浮腫
・生殖器:睾丸痛、男性不妊症・精液の質低下・勃起機能不全
・肝臓:AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、γ-GTP上昇
・その他:乳房圧痛、乳房肥大、抑うつ症状、めまい

なお、最近ではPFS(ポストフィナステリド症候群)というプロペシアの服用を中止した後に「後遺症」として、ED等の副作用がネットで報告されるケースがありますが、現代医学ではPFS(ポストフィナステリド症候群)に医学的な根拠がなく、いわゆる精神疾患との混同と考えられているようです。

AGA治療薬の副作用一覧はこちら

 

プロペシア(フィナステリド)の服用方法

毎日欠かさず決まった時間にプロペシア(フィナステリド)0.2mg~1mgを水と一緒に飲みます。なぜ毎日決まった時間かというと、プロペシア(フィナステリド)が肝臓で完全に代謝されるのに約24時間が必要と言われている為、体内のフィナステリドの濃度を一定に保つためには、24時間経過して完全に対外に排出する前にプロペシア(フィナステリド)を補給する必要があるからです。

なお、プロペシア(フィナステリドに限ったことではありませんが、過剰に飲み過ぎると想定していない副作用が出る恐れがありますので、他の薬と同様に用法・用量を守って正しく服用してください。
 

プロペシア(フィナステリド)の禁忌

この薬を服用できるのは成人以上の男性のみです。女性や子どもが服用すると体に悪影響を及ぼす危険性があるため、服用は禁止されています。特に妊娠中や妊娠の可能性がある婦人には、新生児奇形といった胎児に悪影響を及ぼす危険性があるため、譲渡はもちろん厳禁ですが薬に触れる事自体も禁止されているので取り扱いや服用の際は十分な注意が必要です。

また、錠剤を分割することで薬の粉末は空中に舞うと空気と一緒に女性が吸い込む可能性がある為、プロペシア(フィナステリド)の分割使用も禁止されています。

 

プロペシア(フィナステリド)の価格

・1ヶ月分(1mg28錠):6,000円~7,000円前後(MSD製薬の正規品「プロペシア」の場合)
 

プロペシア(フィナステリド)の入手方法

プロペシアは一般の薬局で購入することはできません。理由としては、医師が処方しなければならない処方箋薬に指定されているからです。国内で入手をするためには、皮膚科やAGA専門病院などの医療機関で処方してもらう方法のみです。(本サイトでは個人輸入は危険性が非常に高い為推奨していません。)
 

プロペシア(フィナステリド)のドーピングリスク

プロペシア(フィナステリド)は利尿効果があり、筋肉増強剤の使用痕跡をごまかす効果を持つ薬として、2005年に世界アンチ・ドーピング機関からドーピング剤として禁止薬物リストに加えられていました。2007年にソフトバンクのガトームソン投手が、日本のプロ野球界ではじめてプロペシア(フィナステリド)を服用したことでドーピングが発覚し出場停止処分を受けました。

その他にも、プロペシア(フィナステリド)が原因でオリンピック出場を逃した選手や出場停止処分になる選手が多々いましたが、検査の技術が進歩したおかげで禁止物質の使用を判別することが可能となったため、2009年1月1日には禁止薬物のリストからプロペシア(フィナステリド)が外されました為、スポーツ選手でも安心して服用することが可能です。
 

フィナステリドのジェネリック医薬品の種類

プロペシア(フィナステリド)は国内及び国外で様々なジェネリック医薬品が販売しています。ここでは代表的なジェネリック医薬品を紹介しています。

■日本国内のプロペシアジェネリック医薬品

■薬品名:フィナステリド錠 0.2mg「ファイザー」
     フィナステリド錠 1mg「ファイザー」
■製造販売:ファイザー株式会社
■販売承認日:2015年2月19日
■発売日:2015年4月6日

 

■薬品名:フィナステリド錠0.2mg「クラシエ」
フィナステリド錠1mg「クラシエ」
■製造販売:クラシエ薬品株式会社
     大興製薬株式会社
■販売承認日:2016年2月18日
■発売日:2016年4月21日

 

■薬品名:フィナステリド錠0.2mg「サワイ」
     フィナステリド錠1mg「サワイ」
■製造販売:沢井製薬株式会社
■販売承認日:2016年2月18日
■発売日:2016年3月17日

 

■薬品名:フィナステリド錠0.2mg「トーワ」
     フィナステリド錠1mg「トーワ」
■製造販売:東和薬品
■販売承認日:2016年09月01日
■発売日:2016年09月20日

 

■海外のプロペシアジェネリック医薬品

■薬品名:フィンペシア
■製造販売:シプラ社(インド)
■販売承認日:不明
■発売日:不明

 

■薬品名:フィンカー
■製造販売:シプラ社(インド)
■販売承認日:不明
■発売日:不明

 

■薬品名:エフペシア
■製造販売:シプラ社(インド)
■販売承認日:不明
■発売日:不明

 

■薬品名:フィナロイド
■製造販売:ロイド・ラボラトリーズ社(フィリピン)
■販売承認日:不明
■発売日:不明

 
 

PICK UP ! 注目AGAアイテム

メソセラポス スカルプリキッド
AGAクリニックの成長因子施術(育毛メソセラピー)を格安で毎日自宅で使える育毛セルフケア商品が登場【1回あたり122円】

AGA治療クリニックランキング

AGA治療クリニックランキング

AGAクリニックの監修アイテム

AGA病院監修のスカルプシャンプーランキング

人気AGA病院の総合ランキング
【1位】銀座総合美容クリニック(銀クリ)
銀座総合美容クリニック(銀クリ) 公式サイト画像
「治療費用が良心的」「発毛効果」「親切丁寧な接客」が揃ったAGA治療の人気病院。どこに行くか悩んでいる人は、まずここから足を運んでみては?テレビCMも放映している人気急上昇のAGAクリニック。
【2位】メンズヘルスクリニック東京(ヘアメディカル)
メンズヘルスクリニック東京(城西クリニック) 公式サイト画像
発毛・薄毛治療のパイオニアのヘアメディカルグループ。歴史と臨床数には自信あり。2014年に新宿からの移転の際にクリニック名を「城西クリニック」から変更。
【3位】AGAスキンクリニック
AGAスキンクリニック 公式サイト画像
発毛実感率99.4%!東京美容外科のAGA治療を体験出来る病院です。男性に限らず女性の薄毛治療も対応可能。
【全国版】AGA病院リスト
東京で探すAGA治療病院の基本情報