» AGA治療に用いる成長因子「ヒトオリゴペプチド-13」について解説

AGA治療に用いる成長因子「ヒトオリゴペプチド-13」について解説

AGA治療で用いられる成長因子の1つ、ヒトオリゴペプチド-13について解説していきます。

ヒトオリゴペプチド-13とは?

英語表記:Human Epidermal Growth Factor-13

最近、様々なメディアで紹介される機会が増えているのが、人間の成長と代謝に作用し、体の機能を調整する重要な役割を担っている成長因子です。人成長ホルモンは、脳下垂体前葉で作られていますが、加齢によって減っていきます。様々な研究により、加齢と共に減ってしまう人成長ホルモンを活発化する物質があることが判明しています。それが、成長因子や増殖因子と呼ばれている物質です。

成長因子の種類は多いのですが、美容成分に関する成長因子は女性から大きな注目を集めており、特に注目されているのが、ヒトオリゴペプチド-13(FGF-1)です。ヒトオリゴペプチド-13(FGF-1)は、線維芽細胞成長因子で、線維芽細胞を活発化して増殖を促進させます。線維芽細胞は、肌の弾力を保つために必要となる、エラスチンやヒアルロン酸、コラーゲンを生成しています。

FGF-1は、酸性繊維芽細胞成長因子ともaFGFとも呼ばれていますが、正式な名称は、ヒトオリゴペプチド-13です。ヒアルロン酸やコラーゲンは、美容成分として広く認知されており、多くの保湿化粧品に配合されています。ヒアルロン酸もコラーゲンも、真皮で作られていますが、年齢が上がると分泌量が減り、その結果、肌の老化が進んでしまうのです。

ヒトオリゴペプチド-13の主な働きと作用について

ヒトオリゴペプチド-13は人の肌に大きなメリットを与えます。グロースファクターと同じでもあり、人間からつくられるタンパク質の一種です。FGFとはヒトオリゴペプチド-13の別称であり、またの名を線維芽細胞とも呼ぶのです。

そのヒトオリゴは皮膚の中にも存在しており、皮膚の修復、新陳代謝、傷の回復といった働きもあります。また、肌に塗布する場合、普通の化粧品やその他の有効成分ならば、表皮に留まり徐々に浸透していきますが、ヒトオリゴの場合には、そのまま表皮に留まらずに、浸透性が良く、真皮にまで影響を与えて、コラーゲン、エラスチンに「変化」をして肌を強化していきますから、とても役立ちます。

ヒアルロン酸とヒトオリゴペプチド-13との違いですが、根本的に成分も働きも違います。前者であるヒアルロン酸も人の皮膚に既に存在しており、1グラムで6リットルほどの水分を抱え込む優れた保湿成分であり、コラーゲン、エラスチンを補助します。しかし、ヒアルロン酸は分子量が大きい為、浸透するまでに時間がかかります。しかし、ヒトオリゴペプチド-13は浸透性も良く、肌にあるコラーゲン、エラスチンにストレートに作用するのではなく、肌のなかでコラーゲンとエラスチンに変化するのです。

ヒトオリゴペプチド-13の髪に対しての効果


ヒトオリゴペプチドは最近、スキンケアやヘアケア製品にも含まれる成分の一つです。その中でもヒトオリゴペプチド-13は成長因子の一つです。成長因子とは肌や組織の細胞に働きかけて、新たな細胞を増殖・再生することで皮膚などの成長を促し、潤いのあるハリ肌にすることができます。では、そんなヒトオリゴペプチド-13は髪に対してはどのような効果があるのでしょうか。

まず、加齢とともに髪にハリやコシが低下し、薄毛になってしまうのは頭皮環境が乱れ、血行が悪くなることで肌のターンオーバーが乱れてしまうことが原因の一つです。血行が悪くなると毛乳頭に栄養が行き渡らなくなり、毛母細胞の働きが低下してしまいます。そのため抜け毛や薄毛になり、髪質のハリやコシが減少してしまうのです。そして、ヒトオリゴペプチド-13には血行促進効果があり、それにより毛乳頭に栄養を行き渡らせて、毛母細胞を活性化することができます。それにより、薄毛・脱毛を予防・改善し、潤いとハリのある髪質にする効果が期待できるのです。

このようなことから、加齢とともに増えてきた抜け毛や薄毛、髪質の変化などに悩んでいるなら、ヒトオリゴペプチド-13を配合したヘアケアがおすすめです。

ヒトオリゴペプチド-13の安全性について

ヒトオリゴペプチド-13はどのような成分であり、またその成分についての安全性についてはどうなっているのでしょうか?ヒトオリゴペプチド-13は、人の体内で作られるたんぱく質の一種でFGFと呼ばれており繊維芽細胞成長因子とも呼びます。主に皮膚内の真皮と呼ばれる部分の各種細胞に成長を促す機能があり、中でも真皮の中に存在しているコラーゲンやエラスチンの生成をサポートしてくれる働きもあります。あとペプチドは、タンパク質を構成する最小単位であるアミノ酸が2個以上結合したもののことです。アミノ酸は、タンパク質をつくる材料になります。

安全性については基本的には確立されています。医薬品と比較した場合、医薬品と比較して副作用が少なくアレルギー反応が抑えられているというメリットがあります。FGFに限らずペプチドは、培養細胞を使用して得られた実験データから効果を確認して研究を積み重ねるとともに、安全性についても充分考慮されてから、さまざまな医療技術や化粧品に使用されています。

国内の商品を買う限りは、まず問題になる事はないといえます。安全性に関しての情報も明示しており、各メーカーのホームページで公開されるなどの配慮をとっていますので安全です。どうしても気になる人はパッチテストを行うと良いでしょう。

人気AGA病院の総合ランキング
【1位】銀座総合美容クリニック(銀クリ)
銀座総合美容クリニック(銀クリ) 公式サイト画像
「治療費用が良心的」「発毛効果」「親切丁寧な接客」が揃ったAGA治療の人気病院。どこに行くか悩んでいる人は、まずここから足を運んでみては?テレビCMも放映している人気急上昇のAGAクリニック。
【2位】メンズヘルスクリニック東京(ヘアメディカル)
メンズヘルスクリニック東京(城西クリニック) 公式サイト画像
発毛・薄毛治療のパイオニアのヘアメディカルグループ。歴史と臨床数には自信あり。2014年に新宿からの移転の際にクリニック名を「城西クリニック」から変更。
【3位】AGAスキンクリニック
AGAスキンクリニック 公式サイト画像
発毛実感率99.4%!東京美容外科のAGA治療を体験出来る病院です。男性に限らず女性の薄毛治療も対応可能。
【4位】ルネッサンスクリニック
ルネッサンスクリニック 公式サイト画像
ARTAS植毛というロボットを使った植毛手術は、世界的でも症例数No.1。植毛を検討している人におススメの病院。
【5位】表参道スキンクリニック(ヘアジニアス)
表参道スキンクリニック(旧東京美容外科ヘアジニアス) 公式サイト画像
女性専用美容外科の表参道スキンクリニックによるAGA治療。老若男女問わず薄毛に悩む方におススメの病院。
四谷ローズクリニック
四谷ローズクリニック 公式サイト画像
中央クリニック
中央クリニック 公式サイト画像
TOMクリニック
TOMクリニック 公式サイト画像
HARG治療センター
HARG(ハーグ)治療センター 公式サイト画像
池袋AGAクリニック
池袋AGAクリニック 公式サイト画像
【全国版】AGA病院一覧
東京都内のプロペシア処方病院リスト
東京で探すAGA治療病院の基本情報
スポンサー