AGA治療に用いる成長因子「ケラチン細胞増殖因子(KGF)」について解説

AGA治療で用いられる成長因子の1つ、ケラチン細胞増殖因子(KGF)について解説していきます。ケラチンは人間でいうと髪や爪などを形成するケラチンは、動物でいうと羽や角の主成分です。まずはケラチンについて確認していきましょう。

ケラチン細胞増殖因子(KGF)とは?

英語表記:keratinocyte growth factor(KGF)

ケラチンは髪・羊毛・爪などの主要なタンパク質であり,総重量の30~60%も占めている。

ケラチンの化学と利用-現在の課題- / 山内 清

年齢を重ねるとどうしても目立ちやすくなってくるのはシワやシミなどの老化トラブルだけではなく、頭皮と頭髪にも顕著に老化は訪れます。
「薄毛治療」というと、どのような方法なのかあまり多くの人に知られていません。最近では毛髪の再生医療にも採用されている成長因子が配合されている育毛剤を利用することによって、自宅でも本格的な育毛ケアを行うことが可能になっているのです。

育毛剤に多く取り入れられている成長因子には複数の種類があり、その中でも特に重要な要素になってくるのがケラチン細胞増殖因子(KGF)です。ケラチン(ケラチノサイト)は発毛を促すためにとても重要な成長因子で、各種ビタミン、たんぱく質、アミノ酸成分などなどを含む幹細胞から抽出した毛髪再生の有効成分になっています。

上皮下にある毛髪の元となる毛乳頭に、成長因子などの有効成分を注入することによって、ケラチン(ケラチノサイト)が直接細胞に働きかけ、毛乳頭が毛母細胞へ育毛指令を与えることをサポートすることが出来るようになり、最終的に髪の毛の再生を促すことが出来るようになります。また頭皮ケアを行うことで頭皮のコンディションが改善され、髪全体にハリとコシが出てきます。

ケラチン細胞増殖因子の主な働きと作用

FGFとは細胞増殖因子のことで種類としては23もの数が存在します。いずれも皮膚の再生及び健康に欠かせない存在ですが、その中にFGF-7と呼ばれる因子があり、これは主に髪の毛の健康に関係しています。では具体的にどのように有効性があるのでしょう。

FGF-7は別名ケラチン細胞増殖因子(KGF)とも呼ばれていますが、ケラチンとはタンパクの一種です。そして髪の毛に関してもタンパク質によって構成されており、実にケラチンが占める割合は99%となっています。

つまりケラチンが不足することで髪の毛が弱くなりますので薄毛リスクも高めてしまい、回復のためにはケラチンを増殖させることがひとつのカギになると言えるでしょう。
そこで有効性があるのがケラチン細胞増殖因子(KGF)であり、毛髪成長の促進並びに毛根を活性化するために有効性があります。さらには角質層を健全化する効果もありますので健やかな頭皮環境を育むためにも欠かせず、引いては薄毛対策にも効果的と言えるのです。

発毛の手助けになるケラチン細胞増殖因子(KGF)は直接注入することで高い効果が得られます。最先端の薄毛治療でも注射による注入が行われ回復実績を上げています。

ケラチン細胞増殖因子の髪に対しての効果

AGAで失われた毛髪を再生するための治療では、毛母細胞を活性化して発毛を促す成長因子が使用されることがあります。成長因子にはいくつかの種類があり、働きがそれぞれ異なるため多方面から発毛をアプローチするのに最適です。その中の一つにケラチン細胞増殖因子(KGF)がありますが、この成長因子は毛髪に対してどのような役割を果たすのでしょうか。

ケラチン細胞増殖因子(KGF)は、健康的で強い毛髪や皮膚を育てるのに欠かせない、ケラチン(ケラチノサイト)の生成を手助けする働きがあります。ケラチンは複数のアミノ酸で構成されているタンパク質になり、不足していると細くてコシがない綿毛のような毛髪になってしまいます。

ケラチンは毛髪だけでなく皮膚の角質細胞にも含まれていて、摩擦などの刺激から頭皮を守り、水分の蒸発を防ぐために役立てられている成分です。ケラチンが不足してしまうと丈夫な髪が育てられなくなり、頭皮を守るはずの角質細胞も弱ってしまうため、ケラチン(ケラチノサイト)の働きを活発にする、ケラチン細胞増殖因子(KGF)は発毛しやすい土台をつくるために必要なタンパク質になります。

成長因子は加齢などの理由によって減少する傾向があるため、薄毛の原因となるケラチン細胞増殖因子(KGF)不足の解消は有効的なAGA対策になります。丈夫な髪と頭皮を育てるのに欠かせない成分なので、AGAの治療に役立ててみましょう。