いつがベスト?AGA治療の開始時期

薄毛が気になりだすと、「いつ病院に通い始めるか」という問題が立ちふさがります。「まだ、薄毛もそんな目立たないしスカルプシャンプーや育毛剤でどうにかなるかもしれない」「生活を改善すればきっと抜け毛は改善するかもしれない」「ヘビースモーカーだしタバコを辞めれば髪は生えてくる」などなど、管理人の身の回りにいる薄毛に悩む友人も、病院に行く事が非常にハードルを高く感じてしまい、何かにつけて理由を作ってAGAの病院へ行く事を先延ばしにしてしまう傾向があります。しかし、AGA病院へ通院するベストな開始時期は、

 
「抜け毛や薄毛が気になりだしたその瞬間です。」この解答以外に答えはありません。これは断言できます。
 

その理由としては、

AGA(エージーエー)は進行性の症状であり、進行が進み過ぎると、今の現代医療では毛量の回復が見込めなくなってしまうからです。AGAの原因と仕組みのページに記載がある通り、AGAは毛周期(ヘアサイクル)がどんどん短くなって、本来1個の毛根から生える髪の毛は4~6年の成長サイクルを約40回程繰り返すことが出来る寿命がありますが、AGAの症状がどんどん進みヘアサイクルが短くなっていき、例えば毛周期(ヘアサイクル)が1ヵ月になったとすると、1つの毛穴から生える髪が40ヶ月の寿命しか無くなってしまいます。そうすると、髪は3年と数か月で完全に抜け落ち一切髪が生えてこなくなるのです。

毛周期(ヘアサイクル)が終了して一生の寿命を終えると、残念ながら今のAGA病院で処方される薬や最先端治療でも髪を生やすことが出来なくなります。残された手段は「植毛」「カツラ」「ウィッグ」もしくは、数十年後に恐らく導入される「再生医療」を待つかの何れかの選択肢のみとなります。

そう考えると、AGA治療の効果を最大限に発揮できるのは、そこまでAGAの症状が進行しておらず、きちんと1個の毛根から生える髪の毛の生え変わりの寿命が残っている時期となります。

しかも、AGAは徐々に毛周期(ヘアサイクル)が短くなり、徐々に抜け毛が増えて髪が細くなるので、実は本人が気づくころには既にある程度症状が進行しているというケースも多いので、少しでも抜け毛や薄毛が気になりだしたら、すぐに病院のお医者さんに相談しましょう。

しかも、今となってはAGA病院のカウンセリングはほとんどの病院が無料で受けるこが出来ますので、コストの負担もありません。本気で解決したいと思ったら、まず勇気を持って1歩踏み出して下さい。

この記事を読んだ人へのオススメ記事

■AGA治療を失敗しないクリニックの選び方

早くAGAを治療しないと!と思ってインターネットでAGA病院を探しても、今やAGAを治療する施設は「AGA専門病院」「美容整形外科」「薬を処方するだけの病院」など様々な形態や、それに合わせた多種多様な治療法がありますので、「何となく」では決めると失敗します。そんな人の為の失敗しないAGA病院の選び方のノウハウを紹介しています。